不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校の昼夜逆転、治し方は?

 

不登校の昼夜逆転を治したいなら、まずは、不登校昼夜逆転特有の悪循環を理解することです。

 

不登校の昼夜逆転には特有の悪循環が働いています。その悪循環を理解して、その上で悪循環を断ち切るようにして改善に取り組めば、昼夜逆転がスムーズに治ります。(親御さんが協力できることもたくさんあります。それについては後述します)

 

「不登校の昼夜逆転には特有の悪循環がある!?いったい、何のこと??」

 

と混乱ぎみの方も多いかもしれませんが、むずかしいことではありません。これから、わかりやすく説明しますのでご安心ください(^-^)

 

不登校の世界では“あるある”のことですが、昼夜逆転が原因で不登校が長引くケースは多いものです。

 

昼夜逆転が原因で朝起きれない

 → 朝起きれないから学校に行けない

 

上記の繰り返しで不登校が長引くケースはよくあります。本人も親も「昼夜逆転さえ治れば学校に行けるのに……」と思うのですが、がんばってもなかなか昼夜逆転が治らない…… そうして不登校が長引くケースが大半です。

 

どうして、がんばっても昼夜逆転が治らないのでしょうか?

 

そこには、不登校が原因で昼夜逆転が長引くメカニズムも働いているためです。

 

学校に行かないため、体を動かさず、頭も動かさない

 → エネルギーがありあまって夜眠れない

 → 夜眠れないから朝起きれない

 → 朝起きる時間がずれていき、昼夜逆転。

 

この「不登校がつづけばつづくほど昼夜逆転が悪化するメカニズム」が重なっています。そのため、本人も親も「昼夜逆転さえ治れば学校に行けるのに……」と思っても一向に治らないのです。

 

ですから、不登校における昼夜逆転を治したいなら、この特有の悪循環を頭に入れた上で改善に取り組むことです。強引に治そうとしても悪循環で蓄積された“負債”のような悪習で元に戻ってしまいますから、“根っこ”からの改善をイメージして取り組むことです。

 

もちろん、お子さんが規則正しい生活をしている場合でも油断は禁物です。今は昼夜逆転になっていない子供でも、不登校が原因の昼夜逆転におちいる可能性は十分にあります。そのときのために(そうならないために)、昼夜逆転改善(昼夜逆転予防)に必要な知識を頭に入れておきましょう。

 

昼夜逆転予防の知識を事前に頭に入れておけば、昼夜逆転にならずに済む可能性が高まりますし、不登校昼夜逆転特有の悪循環におちいらずに済む可能性も高まります。万が一昼夜逆転がひどくなっても、昼夜逆転改善の知識があれば冷静に対処できるでしょう。どちらにしても、一日も早く正しい知識を頭に入れておくことでお子さんの人生を輝いたものにできますから、ぜひ、この先に書かれてあることを読み、頭に入れておいてください。

 

 

昼夜逆転の治し方

 

昼夜逆転の治すポイントは、シンプルです。(下のAとB)

 

A.  精神的ストレスを抱えていて夜眠れない → それが原因で昼夜逆転になっている場合  →  子供の精神的ストレスが解消されるように(癒されるように)親がサポートする

 

B.  昼間に頭と体を使わないためにエネルギーがありあまっている → それが原因で夜眠れず、昼夜逆転になっている場合  →  子供が昼間に頭と体を使えるようになるために親が協力できることをする

 

Aは、さらに細かくできます。

 

A-1  悩みがはっきりしていて、その悩みが精神的ストレスになっている場合  →  その悩みが解決されるように“何らか”の協力をする(何らかの協力、と書かれている点がポイント!後述で事例を紹介)

 

A-2  悩みがはっきりせず、気持ちがモヤモヤしていて精神的ストレスがたまっている場合  →  悩みを明確化する手助けと、明確化した悩みが解決される手助けをする(具体的に何をすればいいかのヒントは後述)

 

A-3  悩みは全くないけれども意味不明の精神的ストレスが蓄積されている場合  →  子供が自分自身の力で精神的ストレスの正体を探れるように、親が継続的にサポートする & 子供がさまざまなアプローチで自分自身を癒していけるように、親が継続的にサポートする

 

まずは、子供がどれに当てはまるのかを考えるところから始めていきましょう。

 

A-1  A-2  A-3  B  のどれに当てはまるのか?

今の子供の気持ちや状態を想像して、考えてみてください。

 

原因は複合的なこともあります。「うちの子はA-2とBの組み合わせかもしれない」といったように二つの組み合わせが原因となっているかもしれませんので、そのあたりは柔軟にとらえましょう。

 

もちろん、親御さん自身で考えただけではその考えが“ハズレ”の可能性もあります。確実に“アタリ”を出すために子供の話をよく聴いて、今の子供の気持ちや状態を正確に把握することに努めましょう。

 

原因がどれに当てはまるのか、なんとなくでも見えてきたら改善をスタート!原因がはずれていたとしてもかまいません。改善を進めていくなかで「原因が違う」と思ったら修正すればいいだけです。どんな改善を行なうのかは、前述の矢印の右側に書いてあることを実行すればOK!具体的に何をすればいいのか、アイデアが思い浮かばない方はこの先を読み、参考にしてください。

 

 

あるお母さんが実行したこと(成功例)

 

例えば、Bが原因だと思われる場合、矢印の右側にはこう書かれています。

 

「子供が昼間に頭と体を使えるようになるために親が協力できることをする」

 

これを読み、「子供が昼間に頭と体を使えるようになるために親として何ができるだろう?」と考えてみるのもいいでしょう。

 

日ごろから子供の話をよく聞いていれば、「今度こういうことやってみたいんだよね~」と子供がさりげなく話したことが記憶に残っていて、その記憶をヒントにして協力できるかもしれません。

 

あるお母さんは、自宅にぶら下がり健康器を買ってきて子供の運動に協力していました。

 

子供が筋トレに興味を持っていることを知っていたので、“お母さん自身”の健康のためにぶら下がり健康器を買ったのです。(←“お母さん自身”のために買ったところがポイント)

 

そのお母さんは子供に何も言いませんでした。自分の健康のためにぶら下がり健康器を買うのですから、子供には何も言わなかったのです。

 

こうして何も言わずに買うと、子供は逆に興味を示しやすくなります。「これ、筋トレにも使えそう」などと言って、ぶら下がり健康器で懸垂を始めたりするのです(笑)

 

普通の親御さんは、このお母さんのようになれません。

 

「筋トレに興味あるの?じゃあ、ぶら下がり健康器買おうか?そうしたら、懸垂とかできるんじゃない?」

 

などと言ってしまい、それで子供から「また子供を親の思う方向に動かそうとしてる」と思われたり、「親から買ってもらうんだから懸垂つづけなきゃなあ」と子供が変にプレッシャーを感じることで筋トレがつづかなくなったりして、改善に向かわないのです。

 

こうした細かなところで明暗がわかれていきますから、気をつけましょう。

 

 

昼夜逆転を完全に治すために

 

A-1  A-2  A-3  に関しても同様です。前述の矢印の右側に書かれてあることを読み、それに関して親ができることをやっていけば、昼夜逆転が改善に向かいます。

 

子供がA-1に当てはまるケースで、あるお父さんは一冊の雑誌を買ってきました。特に何かを期待するわけではなく、子供を動かそうとするつもりもなく、ただ純粋に「子供の気分転換になればいいなあ」と思うくらいの気持ちで雑誌を買ってきたのです。

 

その雑誌を子供が読むことはしばらくありませんでしたが、ずいぶんと時が過ぎ、暇つぶしなのでしょうか、ある日突然、子供がその雑誌を読んでいて、お父さんにお礼を言ってきたそうです。

 

はっきりとはわかりませんが、その子の悩みを解決に向かわせる何かがその雑誌に書かれていたようだと、そのお父さんはおっしゃっていました。

 

その後、その子は昼夜逆転を治しただけでなく、見事に大学進学を果たし、今では立派に社会人として働いています。

 

子供がA-2に当てはまる親御さんは、矢印の右側を読み、「だから子供の話を十分に聴くことが重要なんだな!」とピンときたでしょう。

 

子供がA-3に当てはまる親御さんは、矢印の右側を読み、「だから不登校対応では膨大なヒントが必要で、不登校対応のプロのもとで継続的にトレーニングする必要があるんだな!」と腑に落ちたでしょう。

 

どちらもその通りです。

 

昼夜逆転を完全に治し、完全な不登校改善を成功させるためには、こつこつと地道につづけていかなければならないことがありますし、理想的な不登校対応はとても奥深いものなのです。

 

 

再発防止のためにも昼夜逆転の改善が重要!

 

不登校改善を目指す上で、昼夜逆転の改善は非常に重要です。

 

極端に言えば、学校に行きたくて行きたくてたまらない子供でも朝起きれなければ学校に行けないわけですから、昼夜逆転の改善なしに不登校改善を目指すのは無謀とも言えます。

 

再発リスクまで考えると、なおさらでしょう。

 

昼夜逆転がしっかりと治っていないまま学校に行くようになっても、やがて不規則な生活に拍車がかかり、昼夜逆転がひどくなり、朝起きれなくなることで不登校が再発します。

 

ですから、昼夜逆転の改善にしっかりと取り組んでいくことは「再発しない不登校改善」の1つとして非常に重要なのです。

 

お子さんの未来を輝くものにしたいなら、この記事を何度も何度も読み、昼夜逆転の改善(昼夜逆転の予防)に努めることをおすすめします。今これを読んでいるあなたのお子さんが、輝く未来に向かうことを願っています。

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu