不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校からの復活を可能にする言葉とは?

 

「不登校からの復活を可能にする魔法の言葉」があるとしたら……

 

それはどんな言葉でしょうか?

 

(後述で「私が不登校だった頃に言われて嬉しかった言葉」をお伝えします(^-^))

 

厳しい現実からお伝えしますが、「万能な言葉」はありません。「この言葉を言えば、どの子供でも不登校から復活する!」と断言できるような、誰にでも有効な言葉はありません。言葉の解釈は人によって微妙に異なりますから、誰にでも有効な言葉があると思うほうがおかしいのです。

 

言葉の解釈が異なるのは、不登校の子供も同じです。同じ言葉を言われても、その解釈は子供によって違います。そのため、1つの言葉がすべての不登校の子供に効くなんてことはありえません。

 

「どの子供にも等しく有効な言葉はない」

 

これは当然のことですが、この「当然のこと」がわからなくなっている親御さんもいます。そういった親御さんは子供の状態をどんどん悪化させてしまうでしょう。「当然のこと」がわからなくなるほど混乱し、冷静さを失っているので、その不安定な精神状態で子供への対応が狂い、その悪影響を受ける子供がだんだんと気力を失います。

 

前述を読んでもなお「どの子供にも有効な言葉はあるはずだ!!」と思いこもうとしている親御さんは、本当に気をつけてください。その精神状態のままだと、お子さんの不登校脱出は遅れます。(場合によっては、そのまま何十年と時がたち、お子さんが「中高年引きこもり」になるまで“不登校状態”が続きます)

 

 

私が不登校だった頃、言われて嬉しかった言葉

 

先に「厳しい現実」をお伝えしましたが、そうは言っても言葉には絶大な力があるのも事実です。

 

“言霊の力”と言ってもいいかもしれません。やはり言葉には力もあって、その力の使い方を間違えなければ、子供の大きな力になります

 

私が不登校だった頃、言われて嬉しかった言葉は次の言葉でした。

 

「あなたはそのままでいいんじゃない?」

 

質問と助言の中間にあるような言葉ですが、この言葉には救われました。「あなたはそのままでいいんじゃない?」と言われたことで、自分自身の存在を認めてもらえたような気持ちになり、わだかまりがリセットされるような感覚にもなり、そこからスタートできる気分になったのです。

 

「そのままでいいと言われるとそのまま停滞してしまうのでは?」と思うかもしれませんが、実際は逆です。学校に行かないことでそれまで否定されつづけてきて頑なになっていた心が、「あなたはそのままでいいんじゃない?」という言葉で解放され、ラクになり、動いてみる気になったのです。

 

「自分はこのままでもいいんだ!じゃあ、これからどうしようかな?」

 

そんな気持ちが心に芽生えました。

 

きっと、質問と助言の中間にあるような言葉だった点も効果的だったのでしょう。質問でもない、助言でもない、その中途半端な感じがプレッシャーをやわらげ、すーっと心に届きました

 

人は認めてもらえると安心します。特に、今の自分の存在そのものを受け入れてもらえた時、何か巨大なものに包まれたような感覚になり、勇気のような感情が生まれます。だから私は前述の言葉で、前に進もうとする気持ちが湧いてきたのです。

 

ここまで読んできて、早速、同じ言葉を子供に言おうとしている親御さんもいるかもしれません。

 

「よし!私も明日、『あなたはそのままでいいんじゃない?』と子供に言ってみよう!」

 

そう思っている親御さんもいるかもしれません。

 

そこまで単純ではなくても、少しアレンジして言ってみようと思っている親御さんは多いでしょう。

 

「そのままの○○(子供の名前)でも十分だと思うよ」

 

「お母さん(お父さん)は、今の○○(子供の名前)そのままで大好きだから!」

 

「変わらなくてもいいんだよ。変わっても変わらなくても、あなたが私にとって大切で最高の子供であることに変わりはないんだから」

 

……などと言葉の表現を変えて言ってみようと思っている親御さんは多いはずです。

 

その実行力は素晴らしいと思いますが、ちょっと待ってください。

 

今、その言葉を言って有効でしょうか?

タイミングは今がベストでしょうか?

 

 

同じ言葉でも有効性が異なる

 

前述には書きませんでしたが、私が「あなたはそのままでいいんじゃない?」と言われて嬉しかったのは、“その時”だったからです。それより一ヶ月前だったら心に響かなかったかもしれませんし、それより一ヶ月後でも心に響かなかったかもしれません。

 

つまり、言葉には“響くタイミング”もあって、「その時だから効く」ということもあるんですよね。

 

これは、極端な例で考えてみるとわかりやすいでしょう。

 

例えば、親子関係が悪化している時、親が突然、「あなたはそのままでいいんじゃない?」と言ったとしましょう。その言葉は、子供の心に響くでしょうか?

 

響く可能性はゼロではありませんが、ちょっと難しい気がしますよね。

 

親が子供の話を全然聞いていない状態をイメージしてもいいでしょう。親が子供の話を全然聞いていない、そのことに関して子供は嫌悪感を抱いている、そんな状態が続いている時期に親から「あなたはそのままでいいんじゃない?」と言われても心に響きづらいですよね。

 

そんなふうに、同じ言葉でも有効になる時期と有効にならない時期がありますので、いつ言うかによって有効性が全く違ってくるのです。どんな時に言えばいいのか、その判断力は訓練で身につける必要があります。プロの力を毎日借りてトレーニングしたほうがいいでしょう。判断力が磨かれていくと、直感的に「言うなら今だ」とわかるようになります。そのレベルまで到達すれば不登校改善なんて簡単で、不登校からの復活が容易になります。

 

トレーニングするほどの熱意がない親御さんは、最低限のこととして「言わないほうが良さそうな時に言わないようにすること」を実行しましょう。

 

<例>

 ・子供が親のことをバカにしている時

 ・子供が何もかも嫌になっている時

 ・子供の攻撃性が増している時

 

上記のような時には、どんなに素晴らしい言葉を言っても悪くとられる可能性が高いはずです。そうした危険性が大きい時期を避けて話すだけでも、言葉の届き方が良くなるでしょう。言わないほうが良さそうな時には言わないようにする。シンプルなことですが、とっても大切なことです。

 

「時期」とは別に「言い方」で有効性が変わる点も覚えておいてください。

 

親の目に力がなく、弱々しい表情で、半ばあきらめを感じさせるような声で「あなたはそのままでいいんじゃない?」と言えば、おそらく子供は力が湧きませんよね。

 

何かに取り憑かれたようにギラギラした目で、興奮気味の声で「あなたはそのままでいいんじゃない?」と親が言ったら、子供は「危険な宗教団体に洗脳されているのかな……」などと感じて、その言葉をそのまま受け入れることが難しいでしょう。

 

そんなふうに、言い方ひとつで有益な言葉も無益な言葉になります。有益な言葉を有益なまま子供の心に届けたいなら“言い方”を磨いたほうがいいでしょう。これも訓練で磨くものですが、プロの力を借りたくない方は最低限のことをしておいてください。基本的には、落ち着くことです。自分の中で落ち着き過ぎだと思うくらい落ち着いて話すようにすれば、言葉が子供の心に良い形で届くようになります。ちょっとオーバーに落ち着くイメージで調整するのがコツです。

 

ここまで読んでお分かりいただけたと思いますが、親が子供に何かを言う時には「言葉の有効性を高めるための訓練(工夫)」をどれだけ行なっているかが重要です。「どんな言葉を言うか」も大事ですが、それ以上に「有効性向上の訓練(工夫)をどれくらい行なった上で言葉を発しているか」が重要なのです。

 

SIA PROJECTのサポートを受けている親御さんは、さまざまな形で言葉の有効性を高める訓練(工夫)を行い、子供に向けて言葉を発するときには慎重に行ないます。そのため、安定的かつ低リスクで不登校改善が進んでいます。宣伝しているわけではありません。それほど“訓練(工夫)”が重要だということです。

 

「○○は魔法の言葉です!この言葉を子供に言えば不登校が改善します!」

 

などと言っている不登校専門家を盲目的に信じていませんか?

 

信じるのは自由ですが、それはギャンブルのようなものです。ほぼ“負けること”が確定しています。賭けるのは自由ですが、子供の人生をギャンブルに預けるのは個人的にはお勧めしたくありません。

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu