不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校を脱却するために親ができる7つのこと

 

子供が不登校を脱却するために親ができることは山ほどあります。

 

それら一つ一つは難しいことではありません。

どちらかと言えば簡単なことです。

 

ただし、簡単なことだからこそ、人は軽視してしまうものです。

なんだか難しいことをやったほうが大きな効果が出るような気がして、難しいことのほうを優先的にやろうとしてしまうのです。

 

本当に効き目があるのは優先順位が逆です。

簡単なことを重視して、しっかりと行なうことです。

 

これからお伝えすることも、どれも簡単なことばかりですが、決して軽視せず、しっかりと取り組んでみてください。

 

不登校脱却のために親ができる、費用対効果抜群の7つのポイント!

ポイントは他にもまだまだありますが、この7つのポイントを実行するだけでも子供の様子がずいぶんと変わってくるでしょう。

 

 

起こりうる未来を“しっかりと”考えてみる

 

子供がこのままずっと不登校だったら、どうなるんだろう……

そう考えてみることは、多くの親御さんにとって嫌なことかもしれません。

 

その嫌なことを日常的に繰り返していませんか?

 

「子供がこのままずっと不登校だったら、どうなるんだろう……」と心のどこかでぼんやりと考えていて、胸が苦しくなったり悲しくなったりしていませんか?

 

もし、そのような状態なら、あなたは我が子を不登校悪化に向かわせています。

 

子供が頼りにしているあなたが感情的に不安定で、家族のパワーダウンにつながることをやっているのですから、必然的に子供が力を失い、不登校が長引いてしまうのです。

 

子供の未来について考えることが悪いわけではありません。不登校がずっと続いた場合の子供の未来を心配し、不安を感じるのも自然なことで、それも悪いわけではありません。

 

問題は思考を中途半端にしている点なのです。

 

「子供がこのままずっと不登校だったら、どうなるんだろう……」と考えるとき、漠然としか考えていなくて、それによってなんだか正体不明の薄い闇に支配されたような感覚になり、感情を揺さぶられているんですよね。

 

その中途半端さが親御さん自身を「子供のサポートができない親」にしてしまい、それによって子供の不登校が悪化に向かっているのです。

 

ですから、とことん考えてみることをお勧めします。

 

「もしも子供がこのままずっと不登校だったら、どんな未来がやってくるんだろう?」

 

と考えるときに、中途半端な思考で終わらせるのではなく、しっかりと紙に書いて「起こりうる未来」を文章化していくのです。

 

「起こりうる未来」は1つではないでしょう。

いくつも考えられるはずです。

 

それを書いていくうちに思考が広がり、感情が安定に向かう実感が得られるはずです。

 

その感情の安定化は、間違いなく子供の力になります。感情的に安定した親は「子供のサポートができる親」になりますから、しっかりと子供の力になることができ、根本からの不登校改善を進めることができるのです。

 

「起こりうる未来」を中途半端にしか考えられない親御さんや「起こりうる未来」が1つしか考えられない親御さんがいたとしたら、その親御さんは非常に思考が硬直していて、たいへん危険な状態にあります。

 

そのままではお子さんの未来を最悪なものにしてしまう可能性が高いので、出来る限り早めに「信頼できる専門家のサポート」を受けて根本からの不登校改善に取り組むことをお勧めします。(※)

 

※うかうかしているとあっという間に不登校悪化が進み、改善が困難なレベルに陥ってしまいますので、一刻も早く専門家の力を借りるようにしてください。

 

「起こりうる未来」が複数考えられる親御さんは、ある程度思考に柔軟性がありますし、そこまで危険な状態ではないでしょう。

 

ただし、「起こりうる未来」を考えている中で「このままずっと不登校だったとしても大丈夫な理由」まで明確に浮かんでこなかったようなら、まだまだです。

そのレベルでは、あまり子供の力になれていません。

 

ひふみ~よでしっかりトレーニングしている親御さんは「起こりうる未来」が次々と頭に思い浮かび、「このままずっと不登校だったとしても大丈夫だな!なぜなら……だから」と思考が広がっていったはずです。最低でもそれくらいのレベルに到達しないと「子供のサポートができる親」にはなれませんので、心しておきましょう。

 

子供がこのままずっと不登校だった場合の未来を“しっかりと”考えてみる。

シンプルなことですが、これができている親御さんは驚くほどいません。

 

シンプルで簡単なこのことを、まずやってみましょう。

 

 

初歩的な共感からトレーニングを始める

 

「不登校対応では子供の気持ちに共感することが大切」

 

そんなアドバイスを不登校専門家から受けたことがある親御さんも多いでしょう。

 

共感の重要性に異論はありません。

 

不登校対応において子供の気持ちに共感することは極めて大切です。

子供は「自分の気持ちをわかってもらえた」と感じた時から少しずつ動き出すものです。

 

けれども、そこには1つ壁のようなものが立ちはだかります。

子供の気持ちに共感したくてもうまく共感できない親御さんがほとんどなんですよね。

 

そこで壁にぶつかったことを自覚できればまだ良いほうなのですが、多くの親御さんが自覚できません。なんとなく子供の気持ちに共感できた“つもり”になってしまい、それで子供のサポートが十分にできているように錯覚してしまうのです。

 

ここが、不登校対応の危険なところです。

 

「一人で不登校対応している親御さん」や「理解が浅い不登校専門家の力を借りている親御さん」は、子供のサポートが十分にできていると錯覚したまま時だけが経ってしまうんですね。

 

それで子供の状態が悪くなる一方なのです。(※)

 

※不登校脱出に成功しても再発してしまうケースが多いのです。

 

どうして、子供の気持ちに共感することは難しいのでしょうか?

ほとんどの親御さんがそこで挫折してしまうのは何故なのでしょうか?

 

答えを一言で言えば「階段を作っていないから」です。

 

理解しやすいように、実際の階段をイメージしてみてください。

その階段は5段だとします。

 

「不登校の子供の気持ちに共感できるレベル」をその階段でたとえるなら5段目です。

不登校の子供を持つ親御さんは1段ものぼっていません。

 

この状態でいきなり5段目に進もうとして、うまくいくでしょうか?

 

股が裂けてしまいそうですよね(笑)

どんな階段かにもよりますが、段差が大きければほとんどの方は無理です。

 

でも、1段ずつのぼっていけば簡単です。

スムーズにのぼれるはずです。

 

ですから、共感力を高めたいなら階段を作るのがコツなのです。

 

階段の1段目は、誰に対する共感だと思いますか?

 

オススメは「同じ不登校の子供を持つ親御さん」に対する共感です。

 

同じ不登校の子供を持つ親御さんの気持ちなら、気持ちがよくわかり、共感しやすいでしょう。

そういった「やりやすい共感」からやっていくのが、共感力を短期間で身につけるコツなのです。

 

同じ不登校の子供を持つ親御さんの気持ちに共感することから始め、→職場の同僚→友人→夫(妻)と共感の対象を広げていくと“階段”をスムーズにのぼることができ、5段目の「不登校の子供の気持ちに対する共感」もうまくできるようになるでしょう。

 

この方法の良いところは、子供がいないところでも共感力を高めることができる点です。

 

・同じ不登校の子供を持つ親

・職場の同僚

・友人

・夫(妻)

 

これらの人達に対する共感は、不登校の子供本人がいないところでも十分にできますよね。

 

つまり、「子供と直接関わっている時間以外の時間も最大限に有効活用できる」ということです。

 

普通の親御さんは「子供と直接関わっている時間」だけが「不登校対応の時間」のように感じていて、その他の時間をあまり活用できていません。そのため対応改善が遅れ、子供の不登校脱出も遅れているのです。

 

短期間で共感力を向上させるためには「簡単に共感できるところ」から始め、広げていきましょう。

子供と直接関わる時間以外の時間を、最大限有効活用しましょう。

 

これは不登校脱却のための極めて重要なポイントです。

 

 

「偽物の親」をやめる

 

不登校対応のサポートをしていると、“偽りで塗り固められた親御さん”に出会うことがよくあります。

 

偽りの笑顔、偽りのコミュニケーション、偽りの言葉……

そんなふうにさまざまな面で偽り、“偽物化”している親御さんに出会うことがよくあるのです。

 

その姿を見ると悲しくなります。

 

自分を“偽物”にしてまで子供のサポートをしようとする親御さんの追い詰められた気持ちが伝わってきますし、偽物の親にサポートされる子供の切なさも理解できるからです。

 

想像してみてください。

 

必死で自分を偽って子供のサポートをしようとする親の姿と、「本当の親はどこに行ったの?」と不安になりながら“偽物の親”からサポートを受ける子供の姿を。

 

悲しすぎると思いませんか。

 

それで明るい未来に向かえたらまだ良いのかもしれませんが、残念ながら明るい未来には向かえません。

 

親は自分自身を偽っているうちに自分を見失い、闇の中にぽつんと1人残されたような感覚になっていきますし、子供も本物の親を見失い、偽物の親に対する不信感ばかりが蓄積されていくことで親から切り離されていきますから、やがて孤独になります。

 

そうして親子ともに孤独になってしまい、どちらかと言えば暗い未来に向かってしまうのです。

 

問題は、不登校の子供を持つ親御さんの多くが「偽りの対応」を無意識にしてしまっている点と、それを意識的に勧める不登校専門家が多い点です。

 

最も分かりやすいのは、偽りの笑顔でしょう。

 

「お母さんは家庭の太陽なのですから、いつも明るく笑っていましょう!そうすれば、お子さんも元気を取り戻しやすくなります!」

 

そんな不登校専門家のアドバイスに素直にしたがって、必死に笑顔で過ごそうと頑張るお母さんはたくさんいます。

 

そこに生まれるのが、偽りの笑顔です。

 

心の底から笑っているわけではないので、子供の目には気持ち悪く映り、演技しているようにしか見えません。子供の目には明らかに「偽物の笑顔」として映っているのですが、その笑顔をふりまいている母親自身は無自覚なのです。(この笑顔で子供の力になれる!と信じているのです)

 

それは父親でも同じ。偽りの笑顔でがんばっているお父さんは、自分自身は子供の力になれているつもりかもしれませんが、実際のところは子供の力になれていません。

 

そういう親御さんが自分自身に正直になり、笑顔をやめたとしたら、まわりの誰かが「そんな暗い顔してちゃダメだよ!子供がますます落ち込んじゃうよ」と言ってくるでしょう。

 

その“言ってくる相手”が不登校専門家だったら、再び無理やり笑顔を作ってしまうはずです。

 

そしてまた、偽りの笑顔で親子関係を崩壊させ、不登校悪化に向かってしまいます。

 

こうして「二流以下の不登校専門家」と「親御さん」が共同で逆効果を生じさせているのが(不登校悪化に向かわせているのが)今の不登校問題の実状なのです。

 

本当に子供の力になりたいなら、偽りをやめましょう。

 

どうしたら「偽りの笑顔」ではなく「本物の笑顔」が自然とこぼれるようになるのか?

 

「偽りのコミュニケーション」がなくなり「本物のコミュニケーション」が増えるようになるためには、どうしたらいいのか?

 

「偽りの言葉」ではなく「本物の言葉」で不登校対応をうまく進めるためには、どうすればいいのか?

 

こんなふうに自分自身に問いかけて、思考を広げていきましょう。ひふみ~よ会員の親御さんは答えがパッと思いついたはずです)

 

自分自身の「答え」が見つかり、それを一つ一つ実行していくと、あなたは自然と偽りをやめることに成功するはずです。

 

それに成功したとき「本当の不登校改善」が急速に進み始めます。

 

 

聞くことの重要性を均等化する

 

「不登校対応では子供の話をしっかりと聞いてあげることが大事だ」

 

そうわかっている親御さんは多いでしょう。

 

「不登校専門家のアドバイス」や「不登校の子供を持つ親御さんの体験談」などでもよくそういうことを言っているので、不登校対応における聞くことの重要性を意識している親御さんは多いはずです。

 

けれども、その「聞く」の範囲を十分に広げている親御さんはあまりいません。

 

限られた範囲で「しっかりと聞く」を実践しようとし、その他の範囲では子供の話をよく聞かないのです。

 

そのため、本来ならば急速に不登校改善が進むケースでも、なかなか進まずに不登校長期化に陥るケースが多いのです。

 

まず、多くの親御さんがよく聞けている範囲(限られた範囲)について説明しましょう。

 

多くの親御さんがよく聞けている範囲(限られた範囲)は、ズバリ「学校に関すること」です。

 

聞くことの重要性を意識している親御さんは、学校に関することなら子供の話を真剣に聞きます。わざわざ時間をとってでもじっくりと聞いて、聞き尽くすように、子供が気持ちを吐き出しきるように、しっかりと聞いていきます。

 

けれども、それ以外の話になると途端にトーンダウンします。アニメの話やゲームの話など、子供の趣味に関する話やくだらない話に関しては適当に聞いてしまうのです。

 

つまり、学校に関すること以外の話になると、よく聞いていないんですね。(=聞く行為に濃淡がある)

 

これが子供にどういう印象を与えるか?

考えたことがありますか?

 

子供はこう感じます。

 

「お母さん(お父さん)って結局学校に行かせたいだけなんだよな。子供の考えなんてどうでもよくて、親の望む方向に動かしたいだけなんだよな。だから、学校の話は真剣に聞いてくれるけど、それ以外の話は聞く気ゼロなんだよな」

 

こうして親に対する印象が悪くなり、親の力を借りなくなるのです。

 

「親は自分の思い通りに子供を動かしたいだけ。自分(子供)の気持ちや考えなんて、どうせわかってもらえない。受け入れてもらえない」

 

と感じているので、

 

・やりたいことがあっても親には言わない

・行きたい場所があっても親には言わない

・助けてほしいことがあっても親には言わない

・親の力が必要なことでも親に相談しない

・学校に行きたくなっても親に相談しない

 

……といったように閉鎖的になっていくんですね。

 

その結果、まだまだ知識も経験も少なく社会的にか弱い子供が、一人ぼっちで未来に向かって進むことになり、なかなか道を切り開けなくなるのです。(→不登校悪化→長期化)

 

こうして不登校悪化に向かってしまうことを避けたいなら、「聞く」の重要性を均等化することです。

 

学校に関することだけしっかりと聞いている“偏った状態”から、学校に関する話もそれ以外の話も等しくしっかりと聞く状態に変えていくのです。

 

こうして均等化をはかることで、子供の信頼を取り戻すことができます。親の印象が「学校の話だけは真剣に聞いてくれる人」から「どんな話でもしっかりと聞いてくれる人」に変わり、まるで違った親子関係にレベルアップするのです。

 

しかも、そこには“不自然さの解消”も起きます。

 

学校の話だけよく聞いてくれる不自然な状態から、すべての話をよく聞いてくれる自然な状態になり、不自然さが消えることで偽りが消えるような印象変化が起きるんですね。

 

この印象変化は大きいです。

 

前述のとおり、親が偽りを自然とやめることで子供の不登校改善が急速に進み始めますから、その意味でとてつもなく効果的なのです。

 

効果は子供の側だけではありません。

親御さん自身にもラクになれる効果が生じます。

 

学校に関することだけしっかりと聞いている“偏った状態”では「学校の話を聞くとき」と「その他の話を聞くとき」の切り替えに無意識にエネルギーを使ってしまいますが、すべての話を等しくしっかりと聞く状態ではその切り替えのエネルギーが必要ありません。

 

そのため、疲れなくなり、親御さん自身がラクになれるのです。

 

「いやいや、子供の雑談をじっくり聞くのは疲れる。興味がないゲームやアニメの話を延々とされるのはうんざりする」

 

そう思う親御さんもいるかもしれませんが、おそらくそういう親御さんは「自分自身(親御さん自身)の世界を広げていくことによる不登校改善効果のメリット(a)」と「雑談をじっくりと聞くことによる不登校改善効果のメリット(b)」がよくわかっていないから疲れるのでしょう。

 

かなりツラい仕事でも、その仕事で“時給100万円”もらえるなら、1時間くらいはラクにできると思いませんか?

 

それと同じで、莫大なメリットがあると分かっていれば、普通なら疲れることでも疲れなくなることがあります。

 

ですから、子供の雑談をじっくりと聞くことに莫大なメリットがあることを明確化するのが、疲労を軽減するコツなのです。

 

まずは、aのメリットについて考えてみましょう。

 

子供の雑談をしっかりと聞く

子供の話を聞くことで、“親”の世界が広がる

不登校改善効果がある

 

シンプルに示せば上記のようにメリットが生じるのですが、このメカニズムについては頭の中が???になっている方も多いはずです。この点に関しましては「ひふみ~よ」のサポートでさまざまな角度から解説していますので、そちらを参考にしてください。

 

ここでは、bの「雑談をじっくりと聞くことによる不登校改善効果のメリット」について基本的なところを説明しましょう。

 

子供の雑談をじっくりと聞いていくと何が起こるか?

 

これは、やってみるとわかりますが想像以上にさまざまなことが起きます。

その一つとして「子供が本当に好きなことの判明」もあります。

 

子供が本当に好きなことは雑談から分かることが多いんですね。

 

「子供が本当に好きなこと??それくらいだいたいわかっている」

 

そう思う親御さんもいるかもしれませんが、本当にそれは当たっているでしょうか?

 

もしかしたら、親御さんがそう思い込んでいるだけで、本当はまったく違うことが好きかもしれませんよ。(前述のとおり、子供は閉鎖的になるとなかなか本音を話しませんので)

 

親の思い込みが真実とかけ離れていたら、サポートがズレてくるので子供の力になれません。そのズレを解消する手段として、子供の雑談をじっくりと聞いて「子供が本当に好きなこと」を把握することが有効なのです。

 

「子供が本当に好きなことを知って、何になるのか?? そんなことが不登校改善にどうつながるのか??」

 

そう思った親御さんもいるかもしれませんが、もし、そういう親御さんがいたとしたら、その親御さんは「不登校の子供が自信を取り戻すことの重要性」があまり分かっていないのでしょう。

 

はっきり言いますが、子供が本物の自信を取り戻さないまま学校に行くようになった場合、不登校が再発するのは時間の問題です。自信がなければ学校で起きるさまざまなことに耐えきれず、学校に行きたくても行けない心と体になるからです。

 

ですから、出来る限り再発リスクを取り除いた形での不登校脱出を望むなら、まずは子供が自信を取り戻さなければなりません。ちょっとやそっとの自信ではなく、大きな自信を取り戻す必要があります。

 

その大きな自信を得るための近道は何か?

その子自身が“本当に”好きなことで結果を出すことです。

 

好きなことならそれに関して自ら勉強するでしょうし、勉強したことが頭に残りやすいでしょうし、途中でやめることなく継続しやすいでしょうから、いい結果が出やすく、自信が得られやすいんですよね。

 

ただし、その近道をスムーズに進める子供はほとんどいません。

なぜなら、親の力を借りることができないからです。

 

不登校の子供の大半は不登校初期で親と衝突し、自分の気持ちをわかってもらえない体験をしたことで親と距離を置くようにしていますから、「自分が本当に好きなこと」を親に話すことすらしないものです。

 

やっとの思いで話せたとしても、その本当に好きなことをするために親の力を借りようとはなかなか思えません。ただでさえ学校に行かずに親に心配をかけて、迷惑をかけているのに、自分の好きなことなんかに協力してもらうのは申し訳ないと思うからです。

 

そのため、親のほうが積極的に「あなた(子供)が本当に好きなことを応援する」と示していかないと、親の力を借りようとしないんですね。

 

だからこそ、まずは親が「子供が本当に好きなこと」を知ることが大切で、そのための手段として「雑談をじっくりと聞くこと」が有効なのです。

 

もちろんこれはあくまでも一例で、子供の雑談をじっくりと聞くようにすると他にもさまざまなことが起きます。その不登校改善効果は莫大ですから、それを楽しみに子供の雑談をしっかりと聞いてあげてください。

 

 

「私にとって本当の幸せとは?」と自分自身に問いかける

 

今これを読んでいるあなたが「不登校の子供を持つ親」なら、無意識に質問で子供を動かそうとしているかもしれません。

 

「明日、学校どうする?」

 

「これからのことをどう考えてるの?」

 

「お母さんにできることない?(お父さんにできることない?)」

 

こういった質問で子供を動かそうとして、それで不登校脱出に向かうことを願っている親御さんも多いでしょう。

 

言うまでもありませんが、前述のような質問は子供のプレッシャーになる可能性がかなり高く、子供の状態をかえって悪い方向に導いてしまうリスクが非常に高い質問です。

 

場合によっては効果的に働くこともあるので「完全に悪い質問」とは言いませんが、「極めてリスクが高い質問」であることは間違いありません。

 

前述のような質問を無意識にしてしまっている親御さんはたいへん危険な状態ですので、気を引き締めてこれから本気で対応改善に取り組んでいってください。

 

前述の質問例を読み、「こういう質問はリスクが高いんじゃないか?」と感じた親御さんは、「では、リスクが低い質問とはどういうものだろう?」と考えたはずです。(※)

 

※考えなかった親御さんは思考が硬直している証拠ですので、不登校対応力があまり向上していません。そういう親御さんも今まで以上に意識を高めて、できれば信頼できる専門家のもとでトレーニングを続けたほうが良いでしょう。

 

リスクが低い質問とは何か?と思考するうちに、こんな質問が頭に思い浮かんだかもしれません。

 

「今週末、どこか遊びに行かない?」

 

「あなたが好きな○○って、どういうところが評価されてるの?」

 

「お母さん、趣味で△△しようと思ってるんだけど、どうかな?(お父さん、趣味で△△しようと思ってるんだけど、どうかな?)」

 

要は、「学校以外(不登校の子供本人以外)に目を向ける質問」に変えることでリスクが下がると考えるわけですね。

 

「今週末、どこか遊びに行かない?」→学校ではなく遊びに焦点を当てる質問

 

「あなたが好きな○○って、どういうところが評価されてるの?」→不登校の子供本人ではなく子供が好きな存在に焦点を当てる質問

 

「お母さん、趣味で△△しようと思ってるんだけど、どうかな?(お父さん、趣味で△△しようと思ってるんだけど、どうかな?)」→不登校の子供本人ではなく親に焦点を当てる質問

 

これは、なかなか賢い発想です。

 

たしかに、前述のリスクが高い質問例と比べれば、はるかにリスクが低そうですよね。

 

ただ、これらの「リスクが低い質問」をしたときに疑問や焦りが生じるかもしれません。

 

「こんな質問していても無駄なのでは?」「この質問で本当に子供の状態が良くなるのかな?」などと疑問が生じたり、「こういう質問によって子供が新しい体験を増やすことにつながり、子供の世界が広がり、子供自身の思考の変化や自信の増強で不登校脱出に向かうとわかっているけれど……ほんとに良くなっていくのか不安……早くなんとかしたい」と焦りを感じたりするケースが多いのです。

 

そんなふうに親の心に疑問や焦りが生じてしまえば、どれだけリスクが低い質問をしても意味がないでしょう。

 

親のネガティブに偏った心が子供に伝染し、子供をものすごく不安にさせますから、急速に不登校悪化が進んでしまいます。

 

ここまで読んできてピンときた親御さんもいるかもしれませんが、いきなり「子供に向けての質問」を工夫してもなかなかうまくいきません。

 

ですから、まずは「自分自身に向けての質問」を工夫したほうがいいのです。

 

あなたは日々、自分自身に向けて質問をしています。

 

「今日の晩ごはん、何にしようかな?」

 

「仕事を6時までに済ませるためにはどうしたらいいかな?」

 

「あの件、上司にどう説明しよう?」

 

「夫に子供のことをどう伝えようかな?」

 

……などなど、無数の質問を自分自身にしているでしょう。

 

その中には「明らかにまずい質問のしかた」もあるはずです。

 

「どうして、あんなこと言われなきゃいけないの?(イライラ)」

 

「この子の将来は、このままだと危険なのでは?(不安)」

 

「うちの子は怠けているだけじゃないのか?(批判)」

 

……こういった「明らかにまずい質問のしかた」をいくつもしているはずなので、まずはそれを把握し、明確化できたら一つ一つ丁寧に「いい質問のしかた」に転換していきましょう。

 

「どうして、あんなこと言われなきゃいけないの?(イライラ)」→「ああいうふうに言われたことで得たものはなんだろう?」

 

「この子の将来は、このままだと危険なのでは?(不安)」→「この子の将来が大丈夫である理由とリスキーである理由の両方を考えてみてはどうか?」

 

「うちの子は怠けているだけじゃないのか?(批判)」→「怠けることがいけないのか?怠け過ぎることがいけないのか?怠け過ぎるとはどこからが怠け過ぎることになるのか?」

 

こうして自分自身に向けての質問のしかたを細かく変化させていくことで、親御さん自身の心が安定し、前述の次の部分が変わります。

 

>親の心に疑問や焦りが生じてしまえば、どれだけリスクが低い質問をしても意味がないでしょう。

 

>親のネガティブに偏った心が子供に伝染し、子供をものすごく不安にさせますから、急速に不登校悪化が進んでしまいます。

 

この前述の「疑問」や「焦り」が生じづらくなり、子供へのネガティブな伝染が起きなくなるのです。

 

こうして“根っこ”から親御さんが変わることで、子供に向けての効果的な質問もできるようになります。

 

つまり、自分自身に向けての質問も子供に向けての質問も効果的にできるようになるのです。

 

そのうち、クリエイティブな質問も思いつくようになるでしょう。

 

たとえば、こんな質問が思い浮かぶかもしれません。

 

「私にとって本当の幸せとは何なのか?」

 

この質問が“自発的”に頭に浮かぶようになれば、親御さんの不登校対応は根本から劇的に変わるでしょう。

 

不登校脱出だけが目的ではない、本物の子供の幸せを目指したサポートができるようになります。

 

面白いもので、そうして「不登校脱出の先」を目指すようになると、不登校脱出が簡単に成功してしまうものなのです。

 

少しだけ高度な内容を織り交ぜながら説明してきましたが、なんとなく話についていけない感覚だった方は、まずは最後の質問を何度も自分自身にしてみるだけでも構いません。

 

「私にとって本当の幸せとは何なのか?」

 

この質問を何度も何度も声に出して、自分自身に向けて言ってみてください。

 

言うだけですから、簡単でしょう?

 

でも、この簡単なことが莫大なメリットをあなたにもたらします。

 

信じられないほど不登校改善効果をもたらし、急速に不登校脱却に向かわせるのが、この質問なのです。

 

 

情報入手の手段を増やしてあげる

 

不登校の子供を持つ親御さんのなかには、子供のインターネット利用に制限をかけたり、学校がある日の日中に遊びに行くことを禁止したりする親御さんもいます。

 

その制限や禁止が不登校悪化を生じさせるリスクについて、考えたことがあるでしょうか?

 

もちろん、制限をかけたり禁止したりしたくなる気持ちはわかりますし、考え方もよくわかります。

 

「インターネットを自由に使えるようにしたら、インターネットばかりやるようになって、のめり込んで、そのうち中毒みたいになって、普通の子供ではなくなってしまう気がする。情報ばかり頭に詰めこんで体験が少ないのはあまり良くないし、インターネットの世界には危険も多いからあまりやらせたくない。インターネットの世界にどっぷりつかってしまったら、ますます学校に行きたくなくなるだろう。だから、子供がスマホやパソコンでインターネットを利用する場合には、時間に制限を設けるようにしている」

 

この考え方、よくわかりますよね。

気持ちもよくわかります。

 

「学校がある日に、しかも同級生が授業を受けている時間帯にどこかに遊びに行くなんておかしい。やるべきことをやっていないのに遊びには行くなんて、そんなことを許していたら、この子を甘やかしすぎてしまう。甘やかしすぎてしまえば、この子はますます学校に行かなくなるはず。だから、学校がある日の日中は遊びに行かせないようにしている」

 

この考え方もよくわかります。

「そういう気持ちになるのが当然だ」と思うほど、共感できます。

 

ただ、そこには不登校悪化に向かうリスクもあるんですよね。(不登校脱却に向かうチャンスをつかみ損ねることによって不登校長期化に陥ってしまう可能性もあるのです。)

 

例えば、あるお子さんは、突然お母さんに「専門学校に行きたい」と言ってきました。

 

自分でインターネットで専門学校を見つけてきて、その専門学校に行くことを決意したのです。

 

もちろん、その専門学校を見つけるまでに膨大な検索が必要でした。

 

まずは、検索に慣れて「上手に検索できるスキル」が身につくまで、膨大に検索!

自分にどんな職業が向いているのか、いろんな人たちの体験談や意見を知って参考にするために、膨大に検索!

自分に向いている職業がだんだんと見えてきたとき、その職業に必要とされる知識やスキルや経験が何なのか調べるために、膨大に検索!

自分に向いている職業に必要とされる知識やスキルを身につけられる学校を探すために、膨大に検索!

 

上記の流れを見れば分かるとおり、自分に必要な専門学校を見つけるところまで到達するためには、とてつもない膨大な検索が必要です。

 

もし、このお子さんの親御さんがインターネット利用に制限をかけていたら、このお子さんはどうなっていたでしょうか?

 

今でも自分の道が決まらずに、家で悶々と引きこもりをしていたかもしれません。

 

これが、不登校脱却に向かうチャンスをつかみ損ねることによって不登校長期化に陥ってしまう可能性(不登校悪化に向かうリスク)です。

 

インターネット利用に制限をかけることで(子供の状態が良くなると思っていたのに)逆に不登校が長引いて、悪化に向かってしまうリスクがあるんですね。

 

学校がある日の日中に遊びに行くことを禁止するケースも同様です。

 

あるお母さんは、学校がある日でも無い日でも特に気にせず、子供の意思を尊重して自由に遊ばせていました。

 

なかなかできることではないと思うのですが、良い意味で放任主義で、学校がある日でも子供が遊びに出かけることに関して何も言わなかったのです。

 

当然、まわりからは大バッシングを受けました。

「甘やかしすぎだ!!」と非難されたことは一度や二度ではありません。

 

そうして非難されるうちに、お母さん自身もだんだんと「甘やかしすぎなのかもしれない」と悩むようになったようです。

 

ところが、ある日突然、事態は急転しました。

 

好きに遊びに出かけていた子供が、突然、留学することを決意したのです。

 

それは、遊びに出かけた先で出会った人物の影響でした。留学経験のある年上の方からさまざまな話を聞き、そこに自分の道があるようにその子は感じたのです。

 

もし、そのお母さんが学校がある日の日中に遊びに行くことを禁止していたら、もしかしたらその人物(留学経験のある年上の方)には出会えず、子供が留学を決意することもなかったかもしれません。

 

そうなれば、不登校はもっともっと長期化していたはずです。

 

これも、不登校脱却に向かうチャンスをつかみ損ねることによって不登校長期化に陥ってしまう可能性(不登校悪化に向かうリスク)ですよね。

 

このように、子供のインターネット利用に制限をかけたり学校がある日の日中に遊びに行くことを禁止したりすることにはリスクもありますから、そのリスクまで考慮して不登校対応を決めることが大切です。

 

ポイントは「情報」ですよね。

 

前述の例で登場した子供は、2人とも「情報」を得ることによって人生を好転させています。

 

ですから、その情報を入手する手段に制限をかけすぎないこと、できれば情報入手手段を増やしてあげることが不登校脱却のポイントとなるでしょう。

 

今、あなたのお子さんのことを頭に思い浮かべてみてください。

そして、こう考えてみましょう。

 

「この子の情報入手手段を増やしてあげるために、私は何ができるだろう?」

 

そうして考えてみると、自分の子供の今の状況に最適な情報入手手段増加の方法が見えてくるはずです。

 

例えば、インターネットが全くできない環境に置かれている子供なら、インターネットが使える環境にしてあげるだけでも情報入手手段が増えるでしょう。

 

その情報入手手段増加によって「入手できる情報」が増え、その情報増加のなかに「人生を劇的に変えるきっかけとなる情報」が含まれているかもしれません。

 

それによって不登校脱却が一気に進む可能性も大いにあるはずです。

 

これは、マンガなどでも同様です。

 

子供がマンガを読むことを禁止している親御さんがいたとしたら、その親御さんのお子さんは「マンガから情報が得られない」という点において情報入手に制限がかかっていますから、その制限を解いてあげるだけで情報入手手段が増加します。

 

その情報入手手段増加によって「入手できる情報」が増え、増えた情報の1つがきっかけとなって(マンガのなかの話がきっかけになって)その子自身で不登校脱却に向かうかもしれません。

 

こうして例を挙げて説明していくとキリがありませんから、このくらいにしておきましょう。

 

子供はひとりひとり違います。

子供によって状況が異なります。

ですから、その違いに合わせた“正解”はいちばん近くにいる親御さん自身で見つけるしかないのです。

 

ぜひ、お子さんに合った形で情報入手の手段を増やしてあげてください。

それは、不登校脱却のポイントとして極めて大切なことです。

 

 

子供の活力変化を観察し、把握する

 

どんな時にパワフルになれて、どんな時に力が湧かないのか。

それは、人によって異なります。

 

例えば、人から注目を浴びている時に力が湧いてくる人もいれば、注目を浴びるとプレッシャーを感じてパワーダウンしてしまう人もいるでしょう。

 

朝に元気な人もいれば、夜のほうがエネルギッシュに活動できる人もいます。

お金が関わることなら頑張れる人もいれば、お金が関わると動けなくなってしまう人もいます。

 

そんなふうに、人によって「どんな時に力が湧くか(どんな時に力が湧かないか)」は違ってくるものです。

 

それは、不登校の子供も同じです。

その子によって「活力が湧く時」が異なるはずなのです。

 

この「活力が湧く時の違い」を親御さんは把握したほうがいいでしょう。

 

うちの子はどんな状態の時に活力が湧き、どんな時にパワーダウンするのか?

それを把握するのです。

 

難しそうに思えるかもしれませんが、子供のことをじっくりと観察していれば必ずわかるはずです。

あきらめずに取り組んでいきましょう。

 

ここで、ぼんやりと疑問に思っている方もいるかもしれません。

「どうして、その把握が必要なのか?」と。

 

答えはシンプル。

親御さん自身のためです。

 

親御さん自身の気持ちを安定させるために(そしてその安定した気持ちで十分な不登校対応ができるようになるために)自分の子供がどんな時に活力が湧くのかを把握しておいたほうがいいのです。

 

例えば、自分の子供が夜に活力が湧くタイプだとわかっていれば、夜型になっていてもある程度安心していられるでしょう。(ある程度は、ですが)

 

その子にとっては夜は力が湧く時間なのですから、その時間でなんらかの生産的な活動ができ、それが不登校脱却に向けてのきっかけになるかもしれません。その可能性が見えていれば、親御さんの心に安心が生じやすくなるはずです。

 

ずいぶんと思いきった考え方だと思われるかもしれませんが、この思いきった考え方が「心のバランスをとるため」だとしたらどうでしょうか?

 

不登校対応上、必要なことだと思いませんか?

 

ネガティブに偏った心のバランスを取り戻すために、ポジティブな考え方(思いきった考え方)を足す。こうした心の調整は親御さんを落ち着かせ、冷静な思考が働くようにしてくれます。その冷静な思考で、不登校脱却のための活路が見出しやすくなるでしょう。

 

ここまで読んできて分かったと思いますが、出発点は親御さん自身のためであっても結局は子供のためです。

 

うちの子はどんな状態の時に活力が湧き、どんな時にパワーダウンするのか?

それを把握することで心が安定し、思考が冷静に働き、最高の不登校対応ができるようになり、子供の状態が好転していくんですね。

 

……と、なんだかここで話が終わってしまいそうな雰囲気で書きましたが、話は終わりません。

 

前述の“把握”には、もう一つ重要な効果があるんですね。

 

その効果は、チグハグの解消。

 

多くの親御さんは、

 

「自分の子供がどんな状態の時にパワーアップし、どんな状態の時にパワーダウンするのか」

 

を把握していませんよね。

 

そのため、子供がパワーダウンしているときに無理やりパワーアップさせようとしたり、子供がパワーアップしているときにやる気をそいでパワーダウンさせたりしています。

 

子供に必要なことと噛み合っていない対応をしてしまっているんですね。

 

だから、もともとあるパワーを失わせてしまいますし、パワーダウンしているときにはますますパワーダウンさせてしまっているのです。

 

そうして、あっという間に不登校を悪化させてしまうのです。

 

例えば、「一人で黙々と作業する時にパワーがみなぎってくる子供」に対して「たまには外に出て身体を動かして欲しい」と思う親御さんは多いものです。

 

それって「子供に必要なこと」と「親の対応」が噛み合っていませんよね。

 

子供に必要なことはパワーアップであり、そのパワーアップに必要なことが一人で黙々と作業することなのに、親は「たまには外に出て身体を動かして欲しい」と思い、ときどき口に出して言ってしまうのですから、明らかに噛み合っていません。

 

こうしたことを繰り返し行なってしまい、子供を無気力にしてしまうのが、不登校脱却を遅らせる親御さんなのです。

 

こうした“チグハグ”を解消するのが、前述の対応です。

 

子供のことをよく見て、

 

「どんな状態の時にパワーアップし、どんな状態の時にパワーダウンするのか」

 

を把握することで、チグハグが解消されるのです。

 

チグハグが解消されるとどうなるのかについては、シンプルに理解できるでしょう。

 

子供がパワーアップしている時にはそのパワーをますますアップさせる対応ができ、子供がパワーダウンしているときにはそこにパワーを補給するような対応(もしくはパワーダウンをパワーアップに変える対応)をしてあげることができます。

 

例えば、「お金が関わることなら力がみなぎってくる子供」だと分かれば、まず、子供が「お金が関わること」を始める時に邪魔しないでしょうし、始めた後にはできるだけ協力するでしょう。

 

これが、パワーアップしている時にそのパワーをますますアップさせる対応の例ですよね。

 

子供がパワーダウンしているときに、そこにパワーを補給するような対応の例はさらに分かりやすいはずです。

 

「朝にパワーダウンする子供」なら、睡眠の質を高める寝具に取り替えてあげたり、食べやすい朝食に変えてあげたりすることでパワーダウンを補えるかもしれません。

 

仮に、寝具の転換で睡眠の質が日に日に高まっていったとすると、それは「パワーダウンをパワーアップに変える対応」になりますよね。

 

このように、チグハグ解消の効果はなかなかのものですから、実行する価値は十分にあります。活力がみなぎるようになれば子供の状態はグングン良くなり、あっという間に不登校脱出に成功するでしょう。

 

自分の子供がどんな状態の時に活力が湧き、どんな時にパワーダウンするのか?

それを把握する。

 

大切なことですので、ぜひ実行してみてください。

 

 

以上、不登校脱却のために親ができることを7つお伝えしました。

どれも費用対効果抜群ですから、参考にしていただけたら嬉しいです。

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu