不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校回復のきっかけ(Ⅰ)(Ⅱ)(Ⅲ)

 

意外に思われるかもしれませんが、不登校から回復するきっかけはだいたい共通しているものです。

その「共通するきっかけ」はたくさんありますが、ここではその中の一部を3つだけお伝えしましょう。

 

(Ⅰ)特別な誰かの言葉

 

尊敬する誰かの言葉や、唯一信じている誰かの言葉、そういった「特別な誰かの言葉」によって不登校回復に向かい始める事例は多いものです。

 

例えば、長年不登校を続けていたM君は尊敬するYoutuber(※)の言葉によって不登校回復に向かい始めました。

※Youtuber→独自に制作した動画をYouTubeで継続的に公開する人

 

その言葉は決して甘いものではありません。むしろ厳しい言葉。M君がイラっとするようなものでした。

 

ある時、M君は尊敬するYoutuberと直接会うことができ、その人からこう言われたそうです。

 

「そうやって親のスネをかじって何年も暮らしていて恥ずかしくないのか?そのままだとお前ダメになるぞ!」

 

M君は恥ずかしさと怒りで震えるほどでした。

 

けれども、M君はその言葉をなんとか受け入れ、不登校回復に向かうきっかけにできたのです。

 

「ほんとムカつくけど○○さん(尊敬するYoutuber)の言う通りだ。俺は人生を変えないと!!人生変えて○○さんを見返してやる!!」

 

こんな熱い思いを抱き、その後M君は必死にがんばりました。

 

一人暮らしを始め、専門学校に行き、技術を身につけ、就職し、立派な社会人として歩き始めたのです。

 

それは不登校回復という一言で片付けられるものではありません。前述を読めばわかるとおり、不登校から回復して専門学校に行っただけでなく、一生ものの技術を身につけ、就職することまでできてしまったのです。

 

もちろんこの先、親御さんが油断してサポートの気を抜けば、不登校に似た状態(例:出社拒否症など)が再発してしまうかもしれません。

 

ですから、その再発リスクをできる限り小さくするためにサポートが狂わないように継続的に調整していく必要はありますが、それは別として、ある時点で不登校回復が成功し、不登校脱出に成功したことは事実なんですね。

 

すばらしいと思いませんか?

 

このように「特別な誰かの言葉」によって不登校回復に向かい始めるケースは実は非常に多いのです。

 

ここまで読み、お分かりになったと思いますが、この「言葉」は「特別な誰かの」であるからこそ効果を発揮します。

 

前述のYoutuberの言葉をもう一度読んでみてください。

 

「そうやって親のスネをかじって何年も暮らしていて恥ずかしくないのか?そのままだとお前ダメになるぞ!」

 

もし、この言葉を親が言ったらどうなるでしょうか?

 

とてつもない反発が子供から返ってきそうですよね。

感情的に反応し、荒れ狂い、暴れだすかもしれません。

 

そう、不登校対応における言葉は「何を言うか」以上に「誰が言うか」が大切なのです。

 

ですから、「不登校の子供にはこんな声掛けをすればいい」と単純に示している専門家は何もわかっていません。その専門家のアドバイスでうまくいっているケースは「特別な誰か」に「親」がなっているケースだけで、そうでない場合には無効(むしろ逆効果)なのです。

 

「親は子供にとって特別な存在だから何もしなくても『特別な誰か』なのでは?」と思う方もいるかもしれませんが、そういうことではありません。ここで言う“特別”とはそういう意味ではなくて“崇拝”に近いニュアンスです。

 

特別な誰か = 子供が崇拝するほど尊敬し信頼している人物

 

こう示せば、わかりやすいでしょうか。

 

不登校の子供の多くは思春期真っ只中で、ただでさえ、親に対する反発心や大人に対する不信感を抱いているものです。それに加え、ほとんどの親御さんは不登校初期において対応ミスを犯してしまっているので、子供の反発心や不信感をエスカレートさせてしまっています。その関係性において、親は「子供が崇拝するほど尊敬し信頼している人物」になっているでしょうか?

 

絶対になっていないとは言い切れませんが、ほとんどのケースにおいて親は「特別な誰か」になっていないはずです。

 

ですから、親が「特別な誰か」になっていない以上、「不登校の子供にはこんな声掛けをすればいい」と単純に示している専門家のアドバイスは無効で、むしろ逆効果を生じさせ、不登校悪化に向かわせてしまうのです。

 

SIAPROJECTのサポートでは「親」が「特別な誰か」になるためのトレーニングまで提供していますので、SIAPROJECTのサポートを受け続けた上でなら声掛けが有効に機能することはありますが、それでも直接的な声掛けを推奨することはあまりありません。

 

その理由は単純明快。子供にとって「特別な誰か」とは親以外であるケースが多く、その親以外の特別な誰かと出会えるようにナビゲートしていったほうが早いからです。

 

親以外の「特別な誰か」に出会えるようにナビゲートするサポートを行ない、出会った「特別な誰か」から不登校回復のきっかけとなる一言を言ってもらえれば、子供はあっけないほど簡単に不登校脱出に向かい始めます。

 

ここまで読んでお分かりいただけたと思いますが、SIAPROJECTのサポートは「親」が「特別な誰か」になるためのトレーニングを継続できるとともに、子供が「親以外の特別な誰か」と出会えるようにナビゲートしている、最強のサポートなんですね。

 

不登校回復のきっかけとなる、特別な誰かの言葉。

その言葉が子供の耳に届く可能性を高めるようなサポートをしているでしょうか?

 

していないとしたら、不登校回復が遅れるかもしれません。

 

 

(Ⅱ)成功体験による世界変化

 

何かの賞をとった!バイトの面接に受かった!彼女(彼氏)ができた!…など、何らかの成功体験によって急速に不登校回復に向かうことはよくあります。

 

不登校回復のきっかけとして「成功体験による世界変化」は大きいでしょう。

 

例えばですが、

 

「学校に行くことはできないし、勉強もできないけれども、自分の好きなことに一生懸命取り組んで何かのコンテストに応募することはできる!」

 

という子供もいます。

 

そういう子供が何かのコンテストに応募して、何かの賞を受賞すると、その子の世界が大きく変わります。今まで何も自信が持てなかったのに突然自信がみなぎってきたり、何も生きがいがなくどんよりと見えていた人生が突然光り輝いて見えるようになったりするのです。

 

するとその子はその「世界変化」のエネルギーの余波で学校に行くパワーを取り戻したり、勉強の意欲を取り戻したりします。そうしてあっという間に不登校回復が進み、不登校脱出に成功するケースが多いのです。

 

バイトができる子も同様です。

 

「学校に行くことはできないし、勉強もできないけれども、バイトには興味がある!」

 

という子供もいます。

 

そういう子が思い切ってバイトの面接を受け、その面接に受かると、その子の世界が変わります。「自分も世の中から必要とされることがあるんだ!」と認識したり、社会に一歩足を踏み入れた自分自身を肯定的に見ることができたりして、人生が違って見えてくるのです。

 

するとその子はその「世界変化」によって考え方が変わったり日頃の感情が変わったりして、「学校に行ってみようかな?」と思うようになったり「勉強してみようかな?」と思うようになったりします。そうして不登校回復が進み、不登校脱出に成功するケースが多いのです。

 

彼女(彼氏)ができた!という成功体験も、前述の2つのケースと同様です。

 

「不登校なのに彼女(彼氏)ができることなんてあるの??」と思う親御さんもいるかもしれませんが、学校には行けないけれども友達と遊びには行ける子供の場合、彼女(彼氏)ができることは普通にあり得ます。

 

その場合、彼女(彼氏)ができた瞬間から急激に変化します。無口だった子供が突然よくしゃべるようになったり、本を読まない子供が突然本を読むようになったり…  驚くような変化が起きます。

 

その変化によって子供は「生き方」を変え、その生き方の変化が不登校回復のきっかけになることが多いのです。

 

生き方を変えると、日頃考えていることや日常的な感情のアップダウンが変化しますよね。それは子供も同じです。生き方が変わることで、日頃考えていることや日常的な感情のアップダウンが変化し、それによって「やっぱり学校に行ってみようかな?」と思い始めたり、「学校に行ける気がする」「勉強ができる気がする」と感じ始めたりするのです。

 

もちろん、ここまでお伝えしたことはほんの一部(一例)であって、全てではありません。他にもいろんな形の「成功体験」があって、その成功体験が不登校回復のきっかけになります。

 

大切なことは、不登校回復のきっかけになる成功体験の事例をできるだけ多く知っておくこと。だからこそ、SIAPROJECTのサポートでは「ひふみ~よ」で多くの事例を共有しています。

 

事例を多く知っておけば子供の些細な経験を軽視しなくなり、成功体験が生まれる可能性(不登校回復のきっかけになる可能性)を潰さずに済むでしょう。普通だったら「こんな経験して何になるの?」とバカにしてスルーしてしまうところを、事例を多く知っておけば「この経験が成功体験につながり、不登校回復のきっかけになるかもしれない!」と考えることができ、不登校回復に向かう可能性を潰さずに済むのです。

 

もちろん、どれだけ事例を多く知っていても、肝心な時に親御さんの感情が不安定だったり思考が硬直していたりすると冷静に対応できません。だからこそ、落ち着いて対応できる親になるためのトレーニングを継続的に受ける必要があるのです。(そのトレーニングを提供しているのもSIAPROJECTのサポートです)

 

まずは、はじめの一歩として「子供の成功体験を尊重する」と意識するところから始めましょう。その意識を継続することはなかなか難しいと思いますが、出来る限り忘れないようにして、意識を継続させることです。

 

それができるだけでも不登校回復のきっかけを潰さずに済み、子供の未来が光り輝くものになる可能性を高めることができます。

 

 

(Ⅲ)ギブアンドギブの実践

 

不登校の子供に限らないことですが、ギブアンドギブの実践によって人生を大きく変えることができます。

 

ギブアンドギブとはその言葉のとおり、与えて与えて与え続けること。それができた時、人生は大きく変わるんですよね。

 

きっと多くのお母さんがギブアンドギブの効果をすでに実感しているでしょう。子供が生まれた時、何の見返りも求めずに子育てしませんでしたか? ひたすら赤ちゃんのために尽くして、無我夢中で与え続けたのではないでしょうか? それによって子供が育ち、子供が育つにつれて「母としての人生」が色濃くなっていったはずです。(←ギブアンドギブによって人生が大きく変わっていますよね。)

 

不登校の子供も同じです。何らかの体験でギブアンドギブを実践した時、その子の人生は大きく変わります。その人生変化には不登校回復も含まれます。つまり、ギブアンドギブの実践が不登校回復のきっかけになるのです。

 

不登校の女の子Kちゃんは、ある時、「友達とメールのやり取りをする時には必ず自分が最後に送って終わる」と決めました。それまではメールをすること自体が苦手でしたし、返信も気分次第で送らなかったりしていたのですが、それをやめ、こまめにメールを返信するようにし、どんなに面倒くさくても最後は自分の返信で終わるように心がけたのです。

 

するとKちゃんは友達との関係性が変わりました。それまではなんとなく希薄な人間関係だったのが、濃い人間関係に変わり、友達がいろんなことに協力してくれるようになったのです。

 

その協力は不登校の子供を取り囲む環境でよくありがちな「押し付けがましいもの」ではなく、自然でさりげない形の協力でした。そのため、Kちゃんもその協力を抵抗なく受け入れることができ、その協力のおかげで学校に行けるようになったのです。(=不登校回復)

 

これって、ギブアンドギブが不登校回復のきっかけになっていますよね。見返りを求めずにメールを送る(返信の最後を自分にする)という行為で友達との関係が変わり、受け取る協力が変わり、それによって学校に行けるところまで到達しています。

 

このようなことが起きるのです。

 

ギブアンドギブの実践が回復のきっかけになるのは現在不登校の子供だけではありません。元不登校の大人にも有効です。

 

元不登校のSさんは社会に出て立派に働いていましたが、仕事が長続きせず、何度か転職していました。このSさんは不登校再発リスクを内包したまま社会人になってしまったタイプの典型です。根っこの部分が解消されていないまま表面的な改善で不登校脱出し、半ば無理やりな形で社会人にまでなってしまったので、ときどき制御不能の出社拒否に陥ってしまったり、うつ病のような症状が出てしまったりしていたのです。

 

きっとそのまま行けば、中年ひきこもりになっていたでしょう。プロの目から見れば非常に危険な状態でした。

 

ところが、そのSさんはある時ギブアンドギブを始めます。ブログを書き始め、そのブログに自分が今まで経験したことや勉強したことを上手な文章でまとめ、惜しみなく情報発信していったのです。

 

するとそのブログが人気ブログになり、いつの間にか読者から相談されるまでになっていました。それがきっかけで新たな事業を思いつき、ビジネスを本格的にスタート! あっという間に事業拡大し、いつの間にか社長になっていました。気がつけば、精神的にも身体的にも健全な状態に改善され、不登校に似た状態が再発するリスクは限りなくゼロに近づいたのです。

 

このように、不登校脱出前であっても不登校脱出後であってもギブアンドギブの効果は抜群です。不登校または不登校類似状態からの回復のきっかけとして、ギブアンドギブは非常に重要なのです。

 

ここまで読み、疑問に思った方もいるでしょう。「どうすれば子供がギブアンドギブを実行できるのか?」と。

 

その方法はシンプル。親御さん自身がギブアンドギブを実行することです。ギブアンドギブが当たり前だと周囲の人達(家族など)に思わせるくらい、ギブアンドギブを日常的(継続的)に実行しましょう。そうすれば子供はなんだかそれが当たり前のように感じ、自然と真似するようになります。本人の意思とは無関係に無意識に真似てしまうのです。(モデリング)

 

補足しておきますが、このギブアンドギブを実践するコツはちょっと多めに与えることです。「ちょっと与えすぎかな?」と思えるほど世の中に対して何かを与えたとき、人生が大きく変わるものです。そのあたりを意識しながら実践してみてください。

 

 

以上、不登校回復のきっかけを3つご紹介しました。どれも非常に重要な内容ですので、しっかりと頭に刻んでおきましょう。

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu