不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校対応のポイント

不登校対応では親ができることがたくさんあります。

その「親ができる不登校対応」のうち、特に大切で基本的なものをここではお伝えします。ここに書かれてあることを何度も何度も繰り返し読んで頭に定着させることをお勧めします。

※随時更新

 

不登校対応のポイント ~早期解決のために親ができること~

子供が不登校になると、多くの親御さんがこんなことを思うでしょう。「この子の問題をできるだけ早く解決したい」「不登校が早期改善する方法があれば教えて欲しい」「子供が不登校になった場合、早期対応の秘訣は?」“早く”解決したい気持ちが湧いてくるのが普通だと思います。ただ、皮肉なものですが、そうして「早く」と思っている親御さんが子供の不登校を長引かせてしまうものです。なぜなら…

不登校対応のポイント ~不登校脱出は簡単!~

子供の不登校脱出は本来簡単なものです。子供自身が「学校に行きたい」と強く思い、規則正しい生活で朝も問題なく起きることができて、勉強も部活もやりたくてたまらないほどエネルギーが有り余っていれば、子供は学校に行くでしょう。(=不登校脱出)つまり、子供自身のエネルギーの問題。子供自身のエネルギーが有り余るほどになれば、あっけなく不登校脱出するものなのです。学校での友人関係に悩みがあるとか、勉強についていけないとか、容姿にコンプレックスがあるとか、そういったことはエネルギーが有り余っていれば解決できます。その他のことも、エネルギーが充実してればだいたい解決できます。いじめはそんなに簡単には解決できないのでは?と思うかもしれませんが…

不登校対応のポイント ~不登校からの復活を可能にする言葉~

学校に行かなくなった子供が不登校を抜け出して復活する!

それを可能にする魔法の言葉があるとしたら……

それはどんな言葉でしょうか?

不登校対応のポイント ~昼夜逆転の治し方~

不登校と昼夜逆転は密接な関係にありますので、切り離して考えないほうがいいでしょう。今すでに昼夜逆転になっている子供を持つ親御さんは、昼夜逆転改善も含めて不登校改善(または不登校予防)を考えていく必要があります。もちろん、子供が規則正しい生活をしている場合でも油断しないでくださいね。今は昼夜逆転になっていない子供でも、この先、昼夜逆転に陥る可能性は十分にあります。その時のために(そしてそうならないために)、今の段階から昼夜逆転改善(昼夜逆転予防)のために必要な知識を頭に入れておきましょう。

不登校対応のポイント ~不登校回復のきっかけ~

意外に思われるかもしれませんが、不登校から回復するきっかけはだいたい共通しているものです。そのきっかけはたくさんありますが、ここではその中の一部を3つだけお伝えしましょう。

不登校対応のポイント ~甘やかしすぎたのが不登校の原因?~

子供の不登校でお悩みの親御さんの中には、「私が甘やかしすぎたのが原因で不登校になったのかもしれない」と思っている方もいるでしょう。

子供を甘やかしすぎた → 子供が学校での人間関係や勉強のストレスについていけなかった → 不登校になった

こんな連想をしてしまうのかもしれません。

親が子供を甘やかしたのが原因で不登校になった、と思っている方は多いものです。この考え方をするのは、親だけではありません。周囲の人たち(祖父母、親戚、学校の先生など)もそう思っていることがあります。場合によっては、子供本人も思っています。

 「親が子供を甘やかしすぎたせいで子供が不登校になった」

この考え方は一般的とも言えるほどなのです。

ここで少し立ち止まって考えてみていただきたいのですが…

不登校対応のポイント ~子供が習い事をするのは良いこと?~

不登校の子供が習い事をするのは良いことなのでしょうか?悪いことなのでしょうか?

結論から言えば…

不登校対応のポイント ~不登校の子供の記憶~

これから親御さんがどんな対応をしていくかによって、20年後の子供の“記憶”はまったく違ったものになります。

不登校対応のポイント ~不登校回復過程の3パターン~

不登校が回復していく過程はその子によって異なり、そのパターンはさまざまですが、よく見られるパターンがあるのも事実です。その「よく見られるパターン」のうち3つをご紹介します。これら3つを頭に入れておくだけでも、親御さんの日常の不登校対応が全く違ったものとなり、お子さんの未来を輝かせる可能性を高めることになるでしょう。

不登校対応のポイント ~不登校で無気力になった場合の対策~

子供が不登校で無気力になった場合、親はどんな対策をとれば良いのでしょうか?

子供を外に連れて行って“勢い”をつけさせる?? 運動をさせて力が湧くようにする?? 「もうあなたの面倒はみない!」などと言って、あえて見捨てて、追い込んで、「やる気が湧くしかない状態」にしてしまう??

考え方はさまざま。その考え方から生まれる対策もさまざまです。親御さんによって全く違ったことを考え、全く違った対策をとるでしょう。

もちろん、何が効果的かは究極的にはわかりません。実際にやってみるまでは「謎」ですよね。その時の子供の状態によって「何が効くか」が変わりますから、単純に白黒つけることはできません。「この対策なら100%効く!」という方法はありませんし、逆に「この対策は100%効かない!」という方法もないのです。

ただし…

不登校対応のポイント ~成功体験を共有するメリット~

一人で子供の不登校に悩み、一人で不登校対応をがんばり、一人でいろいろと試行錯誤を続けている親御さんは多いものです。その親御さんの姿勢は立派。一人でがんばり続けるその精神は並外れたものですし、尊敬に値するものだと思います。

ただ、不登校対応を一人でがんばり続けることにはデメリットもあります。あまり不安にさせるようなことは言いたくないのですが…

不登校対応のポイント ~不登校を乗り越えた私が語れること~

不登校は、一般的にはマイナスのイメージで見られることかもしれません。ネガティブな側面もありますし、ほとんどの親御さんが悲観する出来事でもあるので、マイナスのイメージでとらえられても仕方ないでしょう。

ただ、不登校にはポジティブな側面もあり、見方によってはプラスのイメージでとらえることも可能です。不登校には素晴らしい面もたくさんあって、それに目を向けることも可能なのです。(※)

※残念ながら、不登校のポジティブな側面に関する本当のところは一般的にはあまり伝えられていないのが現状です。

不登校のポジティブな側面について「元不登校の私だからこそ語れること」をお伝えします。

不登校対応のポイント ~長期化回避のために親ができること~

子供が不登校になると、ほとんどの親御さんは我が子のことを救ってあげたくなるでしょう。特に子供が辛そうにしている場合、どんな手段を使ってでも救いたくなるはずです。誰よりも子供を愛する親が、苦しむ子供のことを救いたくなるの当然のこと。子供が「学校に行きたいけど行けない」と辛そうに言っていたり、身体の不調を訴えていたりすると、「なんとかこの状況から解放してあげたい!」と強く思うものです。ただ、そこにある「救おうとする気持ち」は有効でしょうか?親が子供を救おうとすることで、状況は好転するでしょうか?…

不登校対応のポイント ~再発防止のために親ができること~

「子供が学校に行くようになった!!うれしい!!」

天にも昇る気持ちで我が子の不登校脱出を喜ぶ親御さんも多いでしょう。

実際、子供が不登校から抜け出して大喜びする親御さんは多いものです。私のもとにも毎日のように喜びのメール報告が送られてきます。ところが…

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。