不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

不登校再発防止のために親ができること

 

「子供が学校に行くようになった!!うれしい!!」

 

天にも昇る気持ちで我が子の不登校脱出を喜ぶ親御さんも多いでしょう。

 

実際、子供が不登校から抜け出して大喜びする親御さんは多いものです。

私のもとにも毎日のように喜びのメール報告が送られてきます。

 

ところが、そういった親御さんの全員がハッピーエンドではありません。

すぐにまた子供が学校に行かなくなり、絶望する親御さんもいます。

 

その苦しみは、喜びの後だからこそ大きく感じるんですよね。

 

いちど高いところに持ち上げられてから地面まで落とされるとその衝撃は絶大。

その苦しみは、まるで地獄に落ちたかのような感覚だと思います。

 

ですから、そうならないために「不登校の再発を防ぐために親ができること」をこれから5つだけお伝えしましょう。

 

もちろん、この他にもポイントはたくさんありますが、まずはこの5つのポイントを押さえておくだけでもずいぶんと効果的なはずです。これからお伝えすることを何度も何度も読んで、頭に定着させてください。

 

決して他人事だと思わないように。

 

不登校が再発するケースはかなり多いですし、再発を“繰り返す”ケースも非常に多いです。我が子の不登校脱出による喜びがぬか喜びにならないためにも、じっくりと読んでくださいね。

 

 

不登校再発防止のポイント1 ~不自然な不登校脱出を避ける~

 

不登校を再発させたくないなら、不自然な形での不登校脱出は避けたほうが良いでしょう。

 

「不自然だろうがなんだろうが学校に行くようになればそれでいい!!」

 

そんな気持ちになる親御さんは多いですし、切迫した状況ではそういう気持ちになるのもよくわかりますが、その気持ちになったらアウトです。

 

最も分かりやすいのは、無理やり子供を学校に行かせるケース。

 

・子供の気持ちを十分に聴いていないにもかかわらず、本人がなんとか無理すれば学校に行けそうだから無理に行かせてしまったお父さん

 

・担任の先生や仲の良い友達の助けを借りて、本人が学校に行かなければならないような空気を作り、半ば強引に登校させてしまったお母さん

 

どちらもその後、子供の不登校が再発しました。

 

ただ再発しただけではありません。

一度目の不登校の頃よりひどい形で再発することになったのです。

 

完全な昼夜逆転で食事はまともにとらず、お菓子ばかり食べて死んだような目をしてゲームをし続ける……

 

何かちょっとしたことでイライラし始め、場合によっては恐ろしいほどキレて暴れまくる……

 

しだいに自分の部屋に引きこもるようになり、全く家族と顔を合わせなくなる……

 

外出は一切しない……

 

どちらのケースもお子さんがこういった状態になりました。

 

これ、何がまずかったと思いますか?

 

こうして文章で読んでいれば一目瞭然ですよね。

 

前者のお父さんのミスは子供の気持ちを十分に聴かなかったことです。

 

子供の気持ちを十分に聴かず、親である自分がこうしたいと思う方向に子供を無理やり動かした……

そうして不自然な形での不登校脱出に向かわせた……

 

だから子供は追い詰められて、そこで耐え切れなくなった気持ちを爆発させたのです。

その爆発が不登校の再発であり、再発後の悲惨な生活です。

 

後者のお母さんのミスも、明らかですよね。

半ば強引に登校させてしまったのがミスです。

 

不登校の子供の多くは、無理やり何かをさせられることに敏感です。自分の本音を押し殺してでも周りに合わせようとしたり、親の期待に応えようとしたりする非常に心優しい子供が多いので、「強制を受け入れすぎると自分が壊れてしまうリスクが高まる」となんとなくわかっていて、それで“無理やり”に敏感になっているのです。

 

ですから、前述のお母さんのように本人が学校に行かなければならないような空気を作り、半ば強引に登校させてしまうと不登校再発のリスクは非常に高くなります。無理やり動かされたことに敏感に反応するストレス残留と、まだ登校に耐えられるだけの精神的余裕と身体的余裕がない状態で学校に行き続けるストレス蓄積がダブルで働き、あっという間に力尽きてしまうのです。

 

優しいからこそ一時的な不登校脱出を成功させてしまい、そこに無理があるからこそ不登校が再発してしまうわけですね。

 

ここまで読んできて、前述のお父さんお母さんがどうすればよかったのか、よくわかったでしょう。

 

お父さんもお母さんも「(自分が)こうしたい」「子供にこうなって欲しい」などと自分の意思(欲求)を優先するのではなく、まずは子供の意思(欲求)を尊重すればいいんですよね。

 

そのために必要ならば子供の話を聴くのもいいし、友達の話を出すのもいいでしょう。(逆に言えば、必要なければしなくていいということですよ)

 

そうして子供の意思(欲求)を尊重した上でサポートを続けていけば、親が何も言わなくても子供が多少無理して学校に行くかもしれません。担任の先生や友達の力を借りて学校に行くかもしれません。

 

その場合には、同じような不登校脱出でもまるで意味が違ってくるのです。

 

“本人”が選択しているのですから、その無理がキャパシティーオーバーにならないし、親に対する反発心の増加にもならないんですよね。

 

ですから、その場合には不登校再発リスクが極めて低くなるわけです。

 

「不自然な不登校脱出を避ける」

 

シンプルなことですが、このシンプルなポイントが頭に入っている親御さんはほとんどいません。それが原因で、ほとんどの親御さんは不登校再発リスクが極めて高い状態で子供のサポートをしてしまっているのです。

 

今これを読んでいるあなたは、そうならないように意識転換しておきましょう。

 

 

不登校再発防止のポイント2 ~親のエゴをできるだけなくす~

 

親のエゴが不登校対応をどれだけ狂わせるか、なんとなく実感している親御さんも多いのではないでしょうか。

 

今頭の中が???になっている方は、かなり危険な状態だと思っていてください。

 

おそらくそういう親御さんは、無意識に親のエゴを中心として不登校対応しているはずです。そのため、子供の状態がなかなか良くならないはずですし、逆に悪化に向かっているケースが多いでしょう。

 

仮に子供の状態が良くなっているとしても、それは表面的に良くなっているだけで、水面下では不登校悪化が進んでいます。表面的な改善で一時的に子供が不登校脱出したとしても、不登校が再発するのは時間の問題ですので覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

「親のエゴによる不登校対応の狂い」を意識できている親御さんも意識できていない親御さんも、今ここで振り返ってみてください。

 

「私は親のエゴを中心として不登校対応していないかな?」

 

「親がこうしたいと思う方向に子供を動かそうとしていないかな?」

 

「親の理想を叶えるために子供を変えようとしていないかな?」

 

そんなふうに自分自身に問いかけ、自分が今までしてきたことを振り返ってみるのです。

 

そうすれば、自分自身が理想的な不登校対応からズレていた場合、そのことをなんとなく把握できるでしょうし、ズレていなかったとしても今後の戒めとなります。

 

私自身も不登校だった頃にそうでしたが、不登校の子供の多くは親のエゴに敏感です。親自身が無自覚でも、親の言動に親のエゴが表れていれば子供はそれを鋭く察知し、それによって傷ついたり、心を閉ざしたり、怒りや不満を溜め込んだりしています。

 

その傷心・閉鎖・怒りや不満の蓄積……が積み重なれば、たとえ無理して学校に行けるようになったとしても、その“積み重なり”がある時爆発して、再び学校に行かなくなるでしょう。

 

子供の顔の表情や体全体から発せられる雰囲気をよく観察していてください。

 

“積み重なり”が起きている気がしませんか?

 

なんとなくでも危険だと思ったら、親のエゴが表れた言動を慎むように努力して改善していきましょう。

 

まずは、自分自身の発言を思い出して紙に書き、その言葉が親のエゴを表すものでないかどうかを確かめ、親のエゴが表れているようならばその言葉は今後使わないようにする。ファーストステップとしては、その程度の改善でも充分だと思います。

 

もちろん、子供の発言も軽視しないようにしてください。

 

「結局お母さん(お父さん)が気にしてるのは世間体でしょ!!」

 

こういった言葉が出てきたら、もうその子の心はかなり危険なゾーンに入っています。

 

この言葉は心の悲鳴です。

 

不登校の子供の多くは心の中で悲鳴をあげてもそれを親に言えない(言ったら親が傷つくと思って言えない)優しい心の持ち主ですから、その優しさを壊してでも発言するということはもう精神的にかなり追い詰められている段階なのです。

 

「結局お母さん(お父さん)が気にしてるのは世間体でしょ!!」

 

この言葉やこれに近い言葉が出ていたら、親御さん一人で対応改善するのは非常にリスキーです。一日も早く、信頼できる不登校専門家の力を借りて対応改善を進めてください。

 

さて、ここで考えていただきたいのですが、親のエゴの反対に位置するものは何でしょうか?

 

「親の利益の反対だから子供の利益」

 

そう考えた人もいるでしょう。

なかなかいい線を行っていますよね。

 

そう、親子をひっくり返して考えてみるといいのです。

 

親子

ひっくり返す

子親

 

ほとんど親御さんは今まで自分を優先していたはずです。自分の考えを優先し、自分の感情を優先してしまい、自分の理想を無自覚に優先していた…… そんな方が多いはずです。

 

つまり、子よりも親を先に持ってきている状態。

 

親子

 

だったわけです。

 

それをひっくり返して、

 

子親

 

の状態にし、子供を優先するイメージを持つといいかもしれません。

 

子供の考えを優先し、子供の感情を優先し、子供の理想を優先してみる…… そうしてみるとバランスが取れて、親のエゴから離れやすくなるはずです。

 

もちろんこれはバランスを取るところに目的があるわけで、「親の全てを犠牲にして子供を全て優先しなさい!」という話をしているわけではありません。今まであまりにも親のエゴを中心にしすぎていた心の調整をはかり、不登校対応がうまく機能するように改善するためのプロセスです。

 

ときどき、このプロセスが行き過ぎて子供の言いなりになってしまい、子供が“王様”のようになり、子供のわがままをエスカレートさせてしまい、結果、不登校悪化に向かってしまうという、逆効果を生じさせてしまう親御さんもいるので気をつけましょう。

 

親が自分自身のエゴから離れていけるようになると、だんだんと今の子供のことをありのままに受け入れられるようになってきます。今までは、親の理想と子供の現状を重ね合わせ、理想に至らないその隙間にフラストレーションを感じていた状態だったのが、親の理想が良い意味で薄れていくことでそのフラストレーションも薄まり、子供の現状をありのままに受け入れられるようになってくるのです。

 

この段階まで到達すると、親子の関係はがらりと変わっているでしょう。

もちろん良いほうに!

 

それによって子供が不登校を脱出する可能性が高まっていきますし、「ありのままの自分を認めてもらえた!」と感じた子供は根っこから成長していけるため、不登校再発に向かわない底力のようなものが養われます。

 

結果、不登校再発リスクはぐんと下がるのです。

 

 

不登校再発防止のポイント3 ~子供の顔の基本表情に注目する~

 

不登校の再発は何の前触れもなく起きるわけではありません。

 

必ず、前兆のようなものが現れます。

そのサインをいち早くつかむことで、再発を防ぐことに成功しやすくなるでしょう。

 

例えば、子供の顔の基本表情の変化。(※)

 

この変化にしっかりと目を向けているでしょうか?

 

※ここで言う基本表情とは、子供の顔の表情を経過的に観察している中で全体的な傾向として見られる表情、という意味でご理解ください。

 

子供の顔の基本表情は微妙に変化しているはずです。

 

昨日学校から帰ってきた後の顔の基本表情と、今日学校から帰ってきた後の顔の基本表情は微妙に異なるかもしれません。今日親と話しているときの顔の基本表情と、明日親と話す時の顔の基本表情は微妙に異なるかもしれません。

 

全体的に見て、昨日より今日のほうがかたい表情をしていたり、今日より明日のほうが柔らかい表情をしていたり……

 

そんなふうに、“ベースの表情”が毎日微妙に変化しているはずなので、それをしっかりと見ていきましょう。

 

そうすれば、子供の基本表情が明らかに変わった時、何かあったのかもしれないと推測でき、それによって「今は子供の話を特に十分に聞いてあげる必要がある時期だ」などと判断できるはずです。

 

そうして適切な判断ができれば、適切な対応ができ、それによって不登校の再発を防ぐことができる可能性が高まるでしょう。

 

これは子供が学校に行くようになる前(不登校の段階)でも同じです。

 

子供の基本表情を観察する習慣をつけておくと、子供が無理をして不自然に不登校脱出に向かっているのか、それとも子供が自然な形で無理なく不登校脱出に向かっているのか、どちらに該当するか判断しやすくなります。

 

例えば、子供がものすごくポジティブで、ちょっと過剰なくらい明るい表情をしている場合、そこには無理が生じている可能性があります。

 

車に例えるなら、アクセルを踏みすぎている状態。必要以上にスピードを出して、ハンドル操作が難しい状態で前進しているようなものです。

 

その場合、車と同じで、事故を起こす可能性が高くなります。

その事故が、不登校再発。

 

子供がものすごくポジティブになって学校に行くために頑張るようになると、ほとんどの親御さんは嬉しがるのですが、それは実は危険な傾向なのです。そういう時こそ親は冷静になり、子供の無理を解消してあげなければなりません。

 

大切なことですので覚えておいてください。

 

たとえポジティブ過剰な前進で学校に行くようになったとしても、途中でエネルギー切れを起こして再び学校にいけなくなる可能性が高いですし、ポジティブに偏りすぎた勢いとノリをクラスメイトから白い目で見られることで人間関係がうまくいかなくなり、不登校を再発させる可能性が高いでしょう。

 

ですから、子供の顔の表情がポジティブに偏っていたら、親はそこで逆にブレーキをかけるくらいのことをしなければならないのです。

 

そのブレーキのかけ方は高度なテクニックになりますので、ここでは説明しきれませんが、最低限のこととして親が一緒にポジティブに偏ることは避けてください。

 

親が一緒にポジティブに偏れば、それは子供がアクセルを踏んでいる足の上からさらに親の足で踏み込むようなものです。大事故につながるリスクが高まります。

 

子供の基本表情を観察していて過剰に明るい表情をしている気がしたら、自分自身(親)が一緒になってポジティブに偏らないように気をつける。その意識変化を起こすだけでも、最悪の事態は防げるはずです。

 

子供が不登校の段階から基本表情の観察を習慣化し、それが当たり前のようにできるようになっていれば、子供が学校に行くようになってからも基本表情の観察を自然と続けることができるでしょう。

 

そうすれば、不登校再発リスクを極力カットしながら子供のサポートができて、再発リスクが小さい形での不登校脱出に向かえますし、不登校を抜け出した後も再発リスクを取り除いていけます。

 

ただ、そこまでできる親御さんはほとんどいません。

今これを読んでいる親御さんの99.9%以上ができないでしょう。

 

それぐらい難しいことですから、安易なものとしてとらえないでくださいね。

 

 

不登校再発防止のポイント4 ~子供が全て吐き出すまで傾聴~

 

不登校対応における傾聴の大切さは、今これを読んでいるあなたも知っているかもしれません。

 

不登校専門家に限らず、いろんな方が「子供の話を聞くことの重要性」について語っているので、「親の意見を一方的に話すのではなく子供の話をよく聞くことが大切だ」と意識している親御さんも多いはずです。

 

子供の話を聞くことの重要性が頭になかった方は、今この時点で「不登校対応における傾聴の重要性」を頭に叩き込みましょう。

 

子供が不登校になった時だけでなく、不登校を続けている間、それから不登校脱出後も、親が子供の話をよく聞いてあげることが重要です。それがうまくできなければ不登校再発リスクは消えないと思っていてください。

 

ポイントは、不登校脱出後も傾聴の重要性が変わらない点です。

 

ほとんどの親御さんは、子供が学校に行くようになったり就職したりすると途端に傾聴をやめてしまいます。

 

もう、不登校を“卒業”した錯覚に陥ってしまい、何かを終えたような気分になるのでしょう。不登校対応において極めて重要な「子供の話をよく聞くこと」をやめてしまい、その結果、子供が再び不登校(または不登校に似た状態の引きこもりやニート)になってしまうのです。

 

極めて極めて大切なことなので、絶対に忘れないでください。

 

子供の話をじっくりと聞いてあげることは、不登校脱出後こそ重要です。ほとんどの親御さんは子供が不登校を抜け出すと半ばサポートをやめてしまいますが、実はそこからが“本番”のようなもので、極めて極めて重要な時期なのです。

 

どうして不登校脱出後に傾聴が重要なのか?

 

それは子供の気持ちに共感するスキルが高まっていれば自然とわかることでしょう。

 

不登校を抜け出した後、子供はものすごいエネルギーを使って学校に行ったり働いたりします。

 

当然ですよね、今まで不登校を続けていて、自宅というある意味ラクな環境にいたのですから。

 

関わる人間はほぼ家族だけの状態から、家族以外の多様な人たちと関わる状態へ。

自由な生活から、不自由な生活へ。

 

その環境変化は、誰だってストレスです。

確実に“ため込むもの”があります。

 

ストレスをためる子供、疲れをためる子供、いろんなパターンがありますがどの子供にも共通していることは、何かをため込んでいるということ。そのため込まれているものを親がうまく解放してあげないと、子供は不登校(または不登校に似た状態の引きこもりやニートの状態)を再発させてしまうんですね。

 

ですから、子供が不登校の間も不登校脱出後も、親は子供の話を“すべて吐き出せるように”聞いてあげなければなりません。

 

「すべて吐き出せるように」という点を見落とさないように注意してください。ただ話を聞けばいいのではなく、ただじっくりと聞けばいいわけでもなく、子供がため込んでいるものを全て吐き出せるようにハイレベルな聞き方をしなければならないのです。

 

その聞き方は、傾聴技術について書かれた市販の書籍などを読んでも身につかないでしょう。もちろん、傾聴に関するネットの情報を頭に入れる程度では身につきません。傾聴技術を磨くためのセミナーに何度か参加しても、なかなか身につかないはずです。

 

それはなぜか?

 

傾聴技術と不登校対応技術の両方に精通した専門家がほとんどいないためです。

 

しかも、スキルというものは“毎日”訓練しなければなかなか身につかないので、そういう点でも挫折してしまう親御さんがほとんどなのです。

 

子供がため込んでいるものを全て吐き出せるように聞くハイレベルな傾聴技術は簡単には身につきませんので、そこは甘く考えないように気をつけましょう。

 

言うまでもありませんが、その傾聴技術を身につけるための訓練は1日でも早く始めたほうがいいと思います。「子供の状態が悪くなったらハイレベルな傾聴技術を身につけよう」などと思っていたら確実に手遅れになりますので、あとになって後悔しないように今すぐ始められることは今すぐ始めることをお勧めします。(※)

 

※SIAPROJECTのサポートひふみ~よの音声配信を聴きつづけているとハイレベルな傾聴技術が自然と身についていきますので、ご興味のある方はひふみ~よの紹介ページをご覧ください。

 

SIA PROJECTでは不登校の子供を持つ親御さんの話の聞き方についてリサーチしているのですが、その話の聞き方をチェックしてみるとほとんどの親御さんが“すべてを吐き出せる”ところまでは聞けていません。そしてその状態を放置している親御さんは、やはりお子さんの不登校を何度も再発させてしまっています。

 

大変難しいところですが、ここを避けて不登校再発のリスクを減らすことはできません。不登校の子供を持つ親御さんは、気を引き締めて傾聴技術をレベルアップさせていきましょう。

 

 

不登校再発防止のポイント5 ~“正解”が変わることを意識する~

 

当然のことですが、対応の“正解”は変化します。

 

例えば、子供が「一人になりたい」と思っているとき、親が無理やり一緒にいようとして、じっくり話を聞こうとしたら、子供にとって迷惑でしょう。そういうときには、そっとしておいて自由にさせることが正解かもしれません。

 

反対に、子供が「誰かそばにいて欲しい」と思っているときには、自由にさせることが不正解で、そばにいてじっくり話を聞いてあげることが正解かもしれません。

 

このように、親の対応の正解は変化するはずです。

 

こんな当たり前のことがわからなくなり、機械的な対応で(状態変化を考慮せずワンパターンの対応を続けていて)子供の状態が良くなると信じ込んでいる親御さんが多いので本当に驚かされます。

 

そういう親御さんも、本当はわかっているのでしょう。

 

「子供の状態も環境もいろんなことが変化し続けているのだから、その状況に合わせて柔軟に対応を変えていかなければならないはず!」

 

そうわかっているはずです。

 

けれども、人間は楽なほうに逃げたい生き物です。状況に合わせて柔軟に対応を変えていくのはすごく難しそうなので、そこから逃げたくなるのです。

 

そこにインチキ不登校専門家などが悪魔のささやきをします。「○○さえやっていれば不登校脱出しますよ!」といったように、簡単な方法(状況変化を考慮しない機械的な対応のしかた)があると惑わします。(※)

 

※不登校の子供を分類したり、不登校の段階を示したりして、「このタイプの不登校の子供にはこう対応すればいい」「この段階の不登校の子供にはこう対応すればいい」などと画一的に示す不登校専門家にも要注意です。

 

その悪魔の囁きに惑わされて「機械的な対応でも子供の状態が良くなるはずだ!」と信じ込んでしまうんですね。その強烈な思い込みの結果、子供の人生をめちゃくちゃにしてしまった親御さんは大勢います。

 

悪を擁護するわけではありませんが、インチキ不登校専門家が全て悪いわけではありません。楽なほうに流されてしまったその親御さんにも落ち度があります。

 

楽なほうに流されようとしている親御さん、すでに過去に楽なほうに流されてしまった親御さん、今からでも遅くありません。ここでしっかりと意識を切り替えて、当たり前のことを当たり前に理解できる頭に戻りましょう。

 

意識の切り替えを促すために、親が機械的な対応をした場合のデメリットについて書いておきます。

 

親が「機械的な対応で子供の状態が良くなる」と信じ込んでいて、状態変化を考慮せずにワンパターンの対応を続けている場合、子供は不信感を募らせていきます。

 

「自分への対応」ではなく、何かの本か専門家などから学んだ「不登校の子供への対応」をされている……

 

そうハッキリとわかりますから、悲しくなり、親のことが信じられなくなるのです。

 

自分は親のことを「自分の親」として見ているのに、親は自分のことを「自分の子」として見ていない……

 

そんなふうに感じるんですね。

 

ですから、親に対する不信感がだんだんと蓄積され、親子の距離がだんだんと離れていくのです。

 

その“親子の乖離”は不登校再発を生じやすくします。いい意味で親離れしたわけではなく、自立したわけでもなく、不信感の蓄積で親から離れ、“迷子”になったような状態ですから、ちょっとした出来事で再び不登校になってしまうのです。

 

だからこそ、できるだけ早い段階から、親が意識を切り替えておくことが重要なんですね。

 

意識を切り替えるといっても難しいことではありません。心の奥底にある思いをそのまま認めればいいだけです。

 

「子供の状態も環境もいろんなことが変化し続けているのだから、その状況に合わせて柔軟に対応を変えていかなければならないはず!」

 

心の奥底にあるその思いを認めましょう。それだけで意識が切り替わっていきます。

 

この意識の切り替えで、対応の“正解”が常に変わり続けることを意識するマインドになっておくことが必要です。再発防止策として必要なのです。

 

 

以上、「不登校の再発を防ぐために親ができること」を5つだけお伝えしました。

 

もちろん、この他にもポイントはたくさんありますが、まずはこの5つのポイントを何度も何度も読んで頭に定着させてください。

 

他人事だと思わないように気をつけましょう。

不登校が再発するケースはかなり多く「再発するのが普通」と言ってもいいほどです。

 

我が子の不登校脱出を確実なものにするために、上記を最大限生かしてくださいね(*^-^*)

 

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu