不登校対応のことなら、SIA PROJECT(シア・プロジェクト)にお任せください。

お電話でのお問合せはこちら
050-3578-1050
受付時間
24時間 ※自動音声受付 
定休日
なし

お問合せは24時間お気軽に!

甘やかしすぎたのが不登校の原因!?

 

子供の不登校でお悩みの親御さんの中には、「私が甘やかしすぎたのが原因で不登校になったのかもしれない」と思っている方もいるでしょう。

 

子供を甘やかしすぎた → 子供が学校での人間関係や勉強のストレスについていけなかった → 不登校になった

 

こんな連想をしてしまうのかもしれません。

 

親が子供を甘やかしたのが原因で不登校になった、と思っている方は多いものです。

 

この考え方をするのは、親だけではありません。周囲の人たち(祖父母、親戚、学校の先生など)もそう思っていることがあります。場合によっては、子供本人も思っています。

 

「親が子供を甘やかしすぎたせいで子供が不登校になった」

 

この考え方は一般的とも言えるほどなのです。

 

ここで少し立ち止まって考えてみていただきたいのですが、子供を甘やかすと必ず不登校になるでしょうか?

 

子供を甘やかしすぎていても不登校になっていないケースは山ほどあると思いませんか?

 

世の中には、甘すぎる親がいっぱいいます。特に日本は恵まれているので、過保護とも言ってもいいほど子供を甘やかしている親が多いものです。

 

それでも学校に行く子供は学校に行くし、勉強をがんばる子供は勉強をがんばります。

 

だから、まずは短絡的に結びつけないこと、これが大切ではないでしょうか。

 

子供を甘やかしすぎても不登校にならない時は不登校にならないのですから、「甘やかしすぎた→だから不登校になった」と短絡的に結びつけないことです。

 

 

甘やかしすぎていても学校に行く時は学校に行く

 

これは子供が不登校になった後でも同じです。

 

子供が不登校になった後、ずっと学校に行かないままでいると「親が厳しくしないから(甘やかしているから)子供が学校に行かないのでは?」と不安に思うかもしれませんが、「甘やかしている→だから不登校のままでいる」と考えるのは短絡的です。

 

甘やかしすぎていても学校に行く時は学校に行きます。逆に言えば、親がどれだけ厳しくしても「学校に行かない」と強く決めている子供は学校に行きません。

 

ですから、甘やかすという言葉に必要以上に過敏にならないよう、気をつけましょう。

 

「甘やかしすぎていても不登校にならない子供」もたくさんいるし、「甘やかしすぎていても不登校脱出する子供」もたくさんいるので、そのことを覚えておいてください。

 

 

甘やかしたことにはメリットもあったはず!

 

ここまで読み、気持ちが和らいだ親御さんもいるでしょう。

癒された親御さんもいるはずです。

 

けれども、世間は甘くありません。不登校の子供を持つ親に対して好き勝手に言ってくる人間は必ずと言っていいほどいます。

 

それが身近な人であることも多いでしょう。

 

身内から「甘やかしすぎなんだよ!だから○○(子供)は不登校になったんだよ!」と責められた親御さんもいるでしょうし、担任の先生から「お母さん(お父さん)、ちょっと甘いのではないでしょうか?」と指摘された親御さんもいるはずです。

 

それって、けっこう精神的にきついですよね。「お前のせいで子供の人生がめちゃくちゃになっているんだ!」と直接言われているようなものですから、言葉に傷つき、罪悪感で苦しみ、涙が止まらなくなる方もいるはずです。

 

もし、すでにそういう経験をしているなら、自分自身を責めないように気をつけてください。

 

前述の通り、甘やかすということと不登校を短絡的に結びつける必要はありません。「甘やかしすぎていても不登校にならない子供」もたくさんいますし、「甘やかしすぎていても不登校脱出する子供」もたくさんいます。

 

仮にあなたが子供を甘やかしていたとしても、甘やかしすぎていたとしても、そこにはメリットもあったはずで、全てが悪かったわけでは無いはずです。そうである以上、誰かから責められる筋合いはありませんし、自分で自分を責める必要もありません。

 

身内から責められても、学校の先生から責められても、堂々としていましょう。甘やかしたことでメリットもあったはずだ!と開き直るくらいでちょうど良く、心のバランスが取れるはずです。

 

 

甘やかすという言葉に過敏にならないことが大事!

 

身近な人から責められた経験がない人は、まずは「今のところ責められていない幸運」に感謝しましょう。

 

ただ、今後身近な人が好き勝手言ってくるかもしれませんので、その時のために前述の内容を頭に入れておいてください。“心の備え”があれば、身近な人が何を言ってきても落ち着いて対応できるはずです。

 

誤解のないようにお伝えしておきますが、身近な人が何か言ってくるのは、その人なりの愛情表現です。たとえどんなに厳しいことを言ってきても、嫌な感じで言ってきても、相手はその人なりに心配して、力になろうとして言ってくれているはずです。

 

その“愛情”を理解し、受け入れる器の大きさを持ちましょう。そこまでの余裕を持つことはなかなか難しいかもしれませんが、すぐにはできなくてもいつかはできるはずです。

 

それができるようになったとき、あなた自身の人生が一段上に上がるのはもちろん、あなたのお子さんの人生も一段上に上がります。その頃には、あなたもあなたの子供も「不登校になってよかった」と笑顔で言えているはずです。

 

身近な人が好き勝手言ってくることを愛情表現だとどうしても思えない方は、相手の視野の狭さをとらえてみてください。

 

狭いものの見方をする人は、限られた知識と経験しか持たない、ある意味かわいそうな人です。狭い世界しか経験したことがなくて、限られた知識しか得ていなくて、物事を狭くしかとらえられないのです。

 

そんな、“かわいそう”にも見える相手から言われたことなのですから、大したことではないと思いませんか。

 

この「見方1つの変更」でも、心がラクになってくるはずです。

 

身近な人間の発言に惑わされず、甘やかすという言葉に過敏にならないように気をつけてください。

 

 

不登校専門家の99%以上が知らないこと

 

あまり理解していない方が多いようなのでお伝えしておきますが、「私が甘やかしすぎたから子供が不登校になったんだ……」と思い込んでいたり、「私が甘やかしすぎているから子供が学校に行くようにならないんだ」という思いがあったりすると、厳しさが誘発されます。

 

それで、厳しくする必要がない場面で厳しくしてしまったりして、子供との関係が急速に悪化するのです。

 

親子関係が悪化すれば、親は子供が必要とするサポートを提供することができません。

 

必要なサポートを提供できないだけなら0で済みますが、通常、親は子供のことを放っておけないため、「自分がしたいサポート」をするようになります。その「自分がしたいサポート」は子供のニーズに合ったものではありませんから、子供にとっては迷惑とも言えるものです。

 

つまり、0ではなくマイナスになる可能性が高い、ということ。

 

こうして、「親が子供のサポートをすればするほど子供の状態が悪化する道」に入っていくのです。

 

親が一生懸命子供のサポートをしているのに、子供の状態がどんどん悪くなり、不登校が悪化し、長期化に向かうのは偶然ではありません。メカニズムとして、そうなっているのです。

 

不登校の子供を持つ親の99%以上がこのメカニズムにはまってしまいますし、不登校専門家の99%以上がこのメカニズムにはまらずに済む方法を知りませんから、現在では不登校の子供を持つ親御さんの多くが悩み苦しみ続けているのです。

 

執筆者:SIAPROJECT代表 木村優一

 

まずはお気軽に無料サポートをご利用ください!

ネットにつながっているパソコンやスマホがあれば、いつでもどこでも読めます!

SIA PROJECTでは無料のサポートも行なっています。無料サポートは、3つのメール配信を通して行ないます。メールで配信される内容は有料サポートとはまったく異なりますが、この無料サポートだけで不登校改善に成功した親御さんもいますので、ぜひとも有効活用していただけたらと思います。⇒詳細はこちら

無料サポートは別サイトでお申し込みいただけます。

※無料サポートを全て受けるためには下記両方へのご登録が必要です。片方のみの登録の場合、サポートの一部しか受けられませんのでご了承ください。

※3つ目の無料サポート「SIA PROJECTの最新情報配信」に関しましては登録不要です。上記の両方にご登録いただいた方全員に不定期で配信させていただきます。

Menu